レンタルサーバーの料金による違いとは?【格安サーバーのデメリット】

ヨッチヨッチ

こんにちは。WordPressシステムマーケッターのヨッチです。
ストーリーを見る

レンタルサーバーには、いろんな価格帯がありますよね。

国内の有名なサーバーは、月額1,000円以上が一般的です。
海外の格安サーバーを使うことで、国内よりも圧倒的に安く利用できたりします。

ただ、僕としてはかける費用を下げすぎるのはおすすめしていません。
どのような理由があって格安サーバーをおすすめしないのか?この記事で解説しています。

料金の違いを知って、あなたに合ったレンタルサーバーを探してみませんか?

レンタルサーバーの料金による違いとは?

まずは、レンタルサーバーの料金による違いを3つまとめて紹介します。

  1. サイトの表示速度
  2. サーバーの障害発生率・復旧速度
  3. 管理画面の機能・使いやすさ

わかりやすい違いとしては、上記の3つです。
あなたが実際に使うときにも、特に影響をうけやすい部分です。

では、どんな違いがあるか詳しく見ていきましょう。

【1】サイトの表示速度

サイトの表示速度

1つめは、サイトの表示速度の違いです。
ご想像どおり、サーバーの料金が安いほど表示速度が落ちる傾向があります。

なぜ表示速度が落ちるかというと、サーバーに使われているパソコンのスペックが低いからです。

料金が安いだけ、PCのスペックは当然ながら落ちます。
PCのスペックが落ちれば、それだけ処理速度も遅くなるということです。

また、見かけ上のスペックは高くても注意が必要です。
というのも、多くのレンタルサーバーは「共用サーバー」として運用されています。

共用サーバーとは?

共用サーバーには、1台のパソコンに複数の契約者がまとめて入っています。
まとめて入ることで、料金を落としているんですね。

いわゆる、マンションの集合住宅のようなものです。

マンションの集合住宅

格安サーバーでは、価格を抑えるためにたくさんの契約者が必要になります。
なので、見かけ上のスペックが高かったとしても、過密状態では処理速度が落ちてしまいます。

専用サーバーとは?

1契約に対して1台のPCを割り当てるのを、専用サーバーと呼びます。
専用サーバーは、共用サーバーと比べると非常に高額です。

なので、個人が運営するサイトであれば、費用対効果を考えて共用サーバーがおすすめです。
価格と性能のバランスを考えるのが、サーバー選びでは重要になります。

【2】サーバーの障害発生率・復旧速度

サーバーの障害発生率・復旧速度

格安サーバーは、PCスペックが低い傾向があるとお伝えしました。
ということは、予期しないトラブルも発生しやすくなります。

CPU使用率が、常に100%のパソコンを想像してみてください。
「そりゃ不具合も起きるよね」とわかってもらえるはずです。

また、障害の復旧速度もサーバーによって大きく異なります。

老舗といわれるサーバーほど、障害に対する経験もたくさん積んでいます。
なので、歴史が浅いサーバーよりも、長期的に安定した運用実績があるサーバーがおすすめです。

  • 安すぎるサーバーは障害が発生しやすい
  • 安定した運用実績があるサーバーがおすすめ

ポイントとしては、サーバー費用・運用実績の2つをチェックしておきましょう。

【3】管理画面の機能・使いやすさ

レンタルサーバーによって、管理画面の機能や使いやすさは全然違います。

海外のサーバーでは、当たり前ですが管理画面はすべて英語です。
トラブルの問い合わせも英語でやり取りするので、かなり使いにくいです。(体験談)

また、価格が低いほど機能も少ない傾向があります。

セキュリティ対策・ワードプレスの自動インストールなどは、必須といえる機能です。
もし機能がない場合は、自分でセキュリティ強化・ワードプレスのインストールが必要になります。

中~上級者は、運用にトラブルが起こりうる格安サーバーは使いません。
初心者には、セキュリティ・自動インストールなどの利便性から格安サーバーはおすすめしません。

結論として、誰に対しても格安サーバーをおすすめしないのが僕の考え方です。

【まとめ】料金に比例してサーバーの性能は変わる

レンタルサーバーの性能は、料金に比例して変化します。
料金が高いほど、スペックは上がると考えてもらえればOKです。

とはいえ、個人が運営するサイトに専用サーバーはオーバースペックです。
逆に、大規模なメディアサイトに月額1,000円前後のサーバーは性能が足りません。

あなたの目的にあわせて、費用対効果のバランスが良いサーバーを選ぶ必要があります。

ちなみに、このブログで使っているのは「エックスサーバー」です。

エックスサーバー

【エックスサーバー】公式サイトを見る

個人のサイトであれば、エックスサーバーのX10プランでまったく問題ありません。
月額990円~という価格帯なので、コストパフォーマンスにも優れています。

国内シェアNo1のレンタルサーバーで、時代の流れに合わせてサーバースペックも上がっています。
稼働率99.99%以上という安定性で、管理画面も使いやすいです。

つまり、この記事でまとめた内容をすべてカバーしています。

法人の場合は、エックスサーバーだとビジネス向けの機能が足りない可能性があります。
法人向けサーバーも比較しながら、検討してみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。