法人・コーポレートサイトのおすすめレンタルサーバー3選【WordPress】

こんにちは、ヨッチです。

WordPressが使えるレンタルサーバーには、たくさんの種類があります。

その中でも、法人・コーポレートサイト向けのサーバーはどれが良いでしょうか?
より信頼性の高いサイト運営をするためにも、慎重に選びたいところです。

この記事では、法人・コーポレートサイトのおすすめレンタルサーバーを3つ厳選して紹介します。

信頼性が高いことはもちろん、求める機能・コストを比較しながら選ぶことができます。
あなたにとって、最適なバランスのレンタルサーバーをチェックしてみませんか?

法人・コーポレートサイトのおすすめレンタルサーバー3選

先ほどもお伝えしたとおり、法人・コーポレートサイトは高い信頼性が必要です。
また、安定してサイトを運用することも意識したほうが良いでしょう。

そこでピックアップしたのが、以下3つのレンタルサーバーです。

  1. エックスサーバービジネス
  2. CPI 共用レンタルサーバー
  3. さくらのレンタルサーバ ビジネス

どれも信頼性が高く、安定したサイト運用が可能となっています。
では、ここから詳しく解説していきますね。

【1】エックスサーバービジネス

エックスサーバービジネスは、コスト・機能・信頼性のバランスが非常に高いレンタルサーバーです。

エックスサーバービジネス

【エックスサーバービジネス】公式サイトはこちら

迷ったらここを選べば、失敗はないといえるくらい信頼できます。
具体的には、以下のような特徴があります。

  • 長期的に安定した運営が可能(稼働率99.99%以上)
  • サーバー性能を無料でアップグレードできる(不定期)
  • 企業認証SSL・EV SSL対応
  • 自動バックアップ
  • WAF
  • Web改ざん検知
  • ホームページ制作の無料代行

コーポレートサイトを構築・運営するための土台が、最初からしっかり備わっています。

安定性・信頼性はもちろん、セキュリティ対策も充実しています。
さらにホームページ制作の無料代行もやっているので、すぐにスタートが可能です。

価格もリーズナブルで、コストパフォーマンスに優れたレンタルサーバーだといえます。

【2】CPI 共用レンタルサーバー

CPI 共用レンタルサーバー

集中アクセスにも強いレンタルサーバーなら、CPI 共用レンタルサーバーがおすすめです。

【CPI 共用レンタルサーバー】公式サイトはこちら

CPIは、KDDIグループが運営しているレンタルサーバーです。
ブランドの信頼性と、アクセスに強い基盤が大きな特徴となっています。

  • KDDIグループによる安定した運営
  • 集中アクセスに強い
  • CPIブランドの独自SSL(無料)
  • 自動バックアップ
  • WAF

コストはやや高めですが、安定性・信頼性をより強化したいときにぜひ比較したいサーバーです。

長期的なサイトの運用までカバーするなら、最も適しているといえます。
また、通販サイトなどの安定性が重視されるサイトにも良いでしょう。

コーポレートサイトとしてはもちろん、訪問者も安心して利用できるサイトの土台となります。

【3】さくらのレンタルサーバ ビジネス

さくらのレンタルサーバ ビジネス

コストをおさえたビジネスサーバーなら「さくらのレンタルサーバ ビジネス」がおすすめです。

【さくらのレンタルサーバ ビジネス】公式サイトはこちら

コーポレートサイトに必要な機能をコンパクトに備えつつ、費用をグッと抑えることができます。
また、長年の実績がある大手レンタルサーバーなので、安心して利用できるのも特徴です。

  • 長年の実績がある大手レンタルサーバー
  • ランニングコストが比較的安い
  • 企業認証SSL・EV SSL対応
  • 自動バックアップ
  • WAF

価格が安価だと、安定性・信頼性に不安を感じられる方もいるかと思います。

しかし、さくらのレンタルサーバであれば大丈夫です。
インターネットの黎明期から運営しており、長年のノウハウが蓄積されています。

コストをおさえつつ、企業認証SSLやWAFなどの重要な機能はしっかり備えています。
アクセス数は少なくても、高い信頼性を保ちたいときに比較したいサーバーです。

【まとめ】総合的なバランスが良いのはエックスサーバービジネス

ここまで3つの法人・コーポレートサイト向けのレンタルサーバーを紹介してきました。
その中でも、総合的なバランスが良いのはエックスサーバービジネスです。

エックスサーバービジネス

【エックスサーバービジネス】公式サイトはこちら

長年の実績と国内シェアNo1という数字が、その事実を物語っています。
少しでも迷うようであれば、エックスサーバービジネスは有料候補として覚えておきましょう。

より高品質なレンタルサーバーなら、CPI 共用レンタルサーバーです。
集中アクセスにも強く、KDDIグループというブランドの信頼性もあります。

ランニングコストを抑えるなら、さくらのレンタルサーバ ビジネスが良いでしょう。
十分な安定性・信頼性を保ちつつ、安価な費用でサイト運営ができます。

レンタルサーバーには、たくさんの種類があります。
といっても、サーバー選びに時間をかけるのはもったいないです。

あなたにとって最適なサーバーを見つけて、スピード感重視でサイト運用していきませんか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
どんなことでもコメントもらえると嬉しいです!
僕からもかならず返信しています。

WEBサイトは構築よりも運用のほうが重要

あなたもご存知のとおり、WEBサイトは作って終わりではありません。
むしろ、構築してからいかに運用するかのほうが重要です。

もしWEBサイトの運用に関してご質問等ありましたら、このブログでご相談を受け付けています。
長期的な運用にご興味があれば、僕が全力でサポートします。

【WPクエスト】サイト構築から学べる無料講座はこちら

【ミライヨッチ】お問い合わせはこちら