文章・スピーチがうまくなる!PREP法を活用する事例を紹介【ブログ】

ヨッチヨッチ

こんにちは、ブログ運用メンターのヨッチです。

あなたは、PREP法というテクニックを聞いたことはありますか?
ひと言でいえば、文章・スピーチをうまく構成するためのフレームワークです。

とはいえ、以下のような疑問を持っている方も多いかと思います。

  • 具体的にどんな方法なのか?
  • どうやって使えばいいのか?
  • 実際に活用しているところを見てみたい

そこで、この記事でPREP法について詳しく解説していきます。
事例も交えながら説明していくので、楽しんで読んでみてくださいね!

PREP法とは?

結論からお伝えすると、PREP法とは文章構成の技法の1つです。
文章だけでなく、スピーチにも活用できますね。

「PREP法」の各文字を抜き出すと、以下のような意味になります。

結論(Point)
結論を最初に伝える
理由(Reason)
結論に対する理由を述べる
具体例(Example)
結論・理由を踏まえたうえで具体例を出す
結論(Point)
最後にもう一度、結論でまとめる

上記の構成で文章を書くことで、わかりやすく話をまとめることができます。

なぜPREP法が効果的なのか?

PREP法は、非常に論理的な文章を構成できるフレームワークです。
人間が「なぜ?」と思うポイントを先回りして答えられるので、説得力が増していきます。

なんとなく書きたいことを書くよりも、相手に寄り添った文章を作成できます。
文章とは、あなたが伝えたいことを、相手にわかりやすく伝えるためのものだからです。

スピーチにも活用できるのは、「伝えるためのフレームワーク」だからです。
この順番で伝えることで、「なるほどな」と理解・納得してもらえます。

もちろん、論理が破綻していないことが大前提です。

PREP法は、文章をごまかす技法ではありません。
しっかりと筋が通った内容を、相手にわかりやすく伝えるための技法です。

【事例】ブログ記事でPREP法を使ってみた

では、具体例としてブログ記事でPREP法を使ってみた事例をチェックしてみましょう。

結論(Point)
PREP法とは文章構成の技法の1つで、説得力のある文章を作成できます。
理由(Reason)
その理由は、人間が「なぜ?」と思うポイントを先回りして答えられるからです。
具体例(Example)
具体例として、ブログ記事でPREP法を使ってみた事例をご紹介します。
結論(Point)
このように、PREP法でわかりやすく文章を構成できます。

気づきましたか?
このブログ記事がまさに、PREP法を活用して書かれています。

面白いですよね!
こうやってPREP法を活用することで、あなたの伝えたいことをわかりやすく発信できます。

【まとめ】PREP法でわかりやすく文章を構成できる

ここまでの内容をまとめます。
PREP法は、以下の4つで構成されている文章構造(フレームワーク)です。

結論(Point)
結論を最初に伝える
理由(Reason)
結論に対する理由を述べる
具体例(Example)
結論・理由を踏まえたうえで具体例を出す
結論(Point)
最後にもう一度、結論でまとめる

これらの順番で伝えることで、あなたの文章は説得力が増していきます。
ただし、論理が破綻していないことが大前提です。

このブログ記事も、PREP法によって構成されています。
あなたが最後まで読んでくれたこの文章も、まさにPREP法でお伝えしてきました。

結論(Point)
PREP法とは文章構成の技法の1つで、説得力のある文章を作成できます。
理由(Reason)
その理由は、人間が「なぜ?」と思うポイントを先回りして答えられるからです。
具体例(Example)
具体例として、ブログ記事でPREP法を使ってみた事例をご紹介します。
結論(Point)
このように、PREP法でわかりやすく文章を構成できます。

いかがでしたか?
このように、PREP法でわかりやすく文章を構成できます。

あなたの文章やスピーチにも、うまく取り入れてみてくださいね!

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。

今は個人でも、戦略があればウェブサイトで稼ぐことができる時代です。
もし興味があれば、WordPressについて無料で学んでみませんか?

WPクエスト

【WPクエスト】冒険の扉に向かう