WordPressのキャッチフレーズとは?SEOに関わる理由を解説!

ヨッチヨッチ

こんにちは!WordPressシステムマーケッターのヨッチです。
プロフィールを見る

WordPressをインストールすると、サイトタイトルのほかにキャッチフレーズも設定できます。
このキャッチフレーズ、SEOにも関わってくるって知っていましたか?

ここでは、なぜWordPressのキャッチフレーズがSEOに関わるのか理由をお話しします。

また、書き方にはある程度のフォーマットが決まっています。
フォーマット通りの書き方でなければ、その効果は半減してしまうでしょう。

というわけで、SEOに効果の見込めるキャッチフレーズを、僕と一緒に考えてみませんか?

WordPressのキャッチフレーズとは?

まず、WordPressのキャッチフレーズについて簡単におさらいします。

ダッシュボードから「設定」→「一般」を開くと、入力画面が開きます。

キャッチフレーズの入力画面

ここで、あなたの好きなキャッチフレーズを設定できます。
「このサイトの簡単な説明」とありますが、しっかり考えて入力することをおすすめします。

なぜなら、キャッチフレーズがSEO(検索エンジン最適化)にも関わってくる要素だからです。

キャッチフレーズがSEOに関わる理由について

さて、なぜキャッチフレーズがSEOに関わってくるのでしょうか?

その答えは、キャッチフレーズが検索結果の説明欄に表示されるからです。

キャッチフレーズが検索結果に表示される

あなたもGoogleで検索したときに、タイトルの下に説明文があるのをよく見かけませんか?
あの文章は、WordPressであればキャッチフレーズにあたります。

もっと細かく説明すると、「meta description」と呼ばれる要素です。
HTMLによって、概要文として設定されています。

ただ、ここでは「検索結果に表示されるトップページの説明文」と覚えてもらえればOKです。

説明文が魅力的であれば、訪問してくれる読者も増える見込みがあります。
では、どんな書き方ならSEOに効果が見込めるのでしょうか?

SEOに効果が見込めるキャッチフレーズの書き方【3つのポイント】

SEOに効果が見込める書き方のルールを、まとめて3つお伝えします。

  1. サイトに深く関わるキーワードを入れる
  2. 興味をもってもらえる内容にする
  3. 130文字以内にまとめる

【1】サイトに深く関わるキーワードを入れる

特に重要なのが、サイトに深く関わるキーワードを入れることです。
キーワードを入れることで、サイトの概要をわかりやすく伝えることができます。

キャッチフレーズの役割は、あなたのサイトがどんな内容なのか?
読者にしっかりと伝えてあげることです。

なので、あなたのサイトでどんな情報を得られるのか、キーワードを入れて伝えてあげましょう。

【2】興味をもってもらえる内容にする

2つめのポイントは、読者に興味をもってもらえる内容にすることです。
いくらキーワードを入れるといっても、ただ並べるだけでは興味をもってもらえません。

どんな目的をもってサイト運営しているのか、明確に伝わる内容にします。
根拠のある数字を含めるのも良い方法です。

より興味をもってもらえる内容にすれば、あなたのサイトに訪問してくれる人も増えてくるでしょう。

【3】130文字以内にまとめる

検索結果に表示されるキャッチフレーズは、文字数の上限が決まっています。

基本的には、最大でも130文字以内にまとめるのが良いでしょう。
それ以上に長くなってしまうと、せっかくのキャッチフレーズも途中で切れてしまいます。

だからといって、短すぎるのももったいないです。
あなたのサイトに興味をもってもらうために、内容は充実させたいところです。

なので、キャッチフレーズは文字数をカウントしながら決めるのがおすすめです。

文字数カウント – numMojiなんもじ

【numMojiなんもじ】公式サイトはこちら

【まとめ】キャッチフレーズはよく考えて決めよう!

ここまでお伝えしてきたとおり、WordPressのキャッチフレーズはすごく重要です。
あなたのサイトを知ってもらうために、ぜひ活用したい機能だといえます。

つい忘れてしまいがちな設定ですが、より良いサイト運営には必須となる内容です。
SEOを意識するなら、かならず設定しておきましょう。

きちんとルールに沿って書けば、あなたのサイトも魅力的に感じてもらえるはずです。
そして興味をもってもらえれば、訪問者が増えることにも関わってくるでしょう。

まだキャッチフレーズを設定していなければ、この機会に設定してみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。