【初心者向け】Streamlabs OBSの設定まとめ – YouTube・Twitch対応

どもども!PCゲーム情報ブロガーのヨッチです。( miraiyotch

あなたは、ゲーム配信するときにどんな配信ツールを使いたいですか?
いろんな通知を出したり賑やかな画面にするなら、Streamlabs OBS(SLOBS)が便利ですよね!

この記事では、Streamlabs OBS(SLOBS)の初期設定のやり方をまとめて紹介しています。
ここさえ押さえておけば、誰でもカンタンに設定できますよ!

YouTube・Twitchのどちらにも対応しているので、お好きな方を選ぶことができます。
あなたのメイン配信サイトに合わせて、まずは設定から始めてみませんか?

まずはStreamlabs OBSをインストールしよう!

何はともあれ、まずはStreamlabs OBSをインストールしましょう!
公式サイトから最新版をダウンロードできます。

【Streamlabs OBS】公式サイトはこちら

Streamlabs OBSをインストールしよう!

Streamlabs OBSの初期設定3ステップ

インストールしたら、Streamlabs OBSを起動して初期設定を進めていきます。
たった3ステップなので、さっそくやってみましょう!

  1. TwitchかYouTubeにログインする
  2. 初回セットアップをする
  3. 初期設定をする

【1】TwitchかYouTubeにログインする

まずは、あなたが配信したいサイトのアカウントでログインします。
Twitch・YouTubeなど、あなたのメイン配信サイトをクリックしましょう。

TwitchかYouTubeを選ぶ

ここでは、Twitchにログインして進めていきます。
YouTubeも、やり方は同じです。

選んだ配信サイトにログインする

ログインすると、Streamlabsのアクセス許可を求められます。
「許可」をクリックして進めていきましょう。

アクセス許可を求められるので「許可」をクリックする

これで配信サイトのログインは完了です!

【2】初回セットアップをする

次に、初回セットアップの画面が表示されます。

もしOBSを使っていたら、「OBSからインポートします」から設定を引き継ぐことができます。
今までOBSを使ったことがなければ、「新しく開始します」をクリックしましょう。

ここでは「新しく開始します」から、新規でセットアップしていきます。

「新しく開始します」をクリック

キャプチャーボードとマイクを選択する画面が表示されます。
あなたが使っているデバイスを選択して、「Continue」をクリックします。

キャプチャーボード・マイクを選択する

次に、最適化の画面が表示されます。
あなたのインターネット速度・パソコン構成から、自動的に設定してくれます。

「スタート」をクリックして、最適化を始めましょう。

「スタート」をクリックする

最適化が始まるので、完了まで少しだけ待ちます。
だいたい1~2分くらいで終わりますよ。

このまま完了まで待つ

最適化が終わると、マルチストリームの設定が表示されます。
この設定は不要なので、オフにしたまま「skip」をクリックします。

「Skip」をクリックする

Streamlabs OBSのメイン画面が表示されます。

Streamlabs OBSのメイン画面

これで初回セットアップも完了です!
あとは、細かいところの設定を変えるだけですよ。

【3】初期設定をする

それでは、配信のための初期設定を進めていきましょう。
メイン画面の左下にある、歯車アイコンをクリックします。

メイン画面の左下にある歯車をクリック

設定画面が表示されるので、「ストリーム」を開きます。
「ストリーム」では、あなたがログインした配信サイトが表示されています。

ログインした配信サイトが表示されているかチェックする

ちゃんと配信サイトが表示されていることをチェックしたら、「出力」を開きます。

「出力」を開く

ここで細かい配信設定を入力します。
といっても、ここで説明しているとおりに入力すればOKです。

  1. 「Output Mode」で「詳細設定」に切り替える
  2. 「Encoder」で「Hardware(NVENC)(new)」を選択する
  3. 「ビットレート」を「5840」に設定する(Twitch・YouTubeに対応)

「出力」の設定は、かならずこの順番で行ってください。
この順番で進めなければ、表示されない項目もあります。

出力の設定をする

次に、録画設定をやっていきます。
配信と直接の関係はありませんが、録画したいときのために設定しておくと便利ですよ。

  1. 「Recording」のタブをクリックする
  2. 「Recording Path」で録画ファイルの保存先を入力する
  3. 「Recording Format」で録画形式を選択する(おすすめは「mp4」)

Recordingの設定をする

ここまで完了したら、左側のメニューから「ビデオ」を開きます。

「ビデオ」を開く

「ビデオ」では、配信するときの解像度などを設定します。

この設定は、あなたの回線速度に大きく関わっています。
もしインターネット速度が遅ければ、設定も低めにしておくのがおすすめです。

Output (Scaled) Resolution
配信する際の解像度を選ぶ
おすすめは「1280×720」「1980×1080」
ネット速度が遅ければ「1280×720」にしよう!
Downscale Filter
「Lanczos(Sharpened scaling, 32 samples)」を選ぶ
Common FPS Values
配信する際のフレームレートを選ぶ
おすすめは「30」「60」
ネット速度が遅ければ「30」にしよう!

ビデオの設定をする

ここまで設定できたら、右下にある「完了」をクリックします。

すべて設定したら右下の「完了」をクリックする

これでStreamlabs OBSの初期設定はすべて完了しました!
お疲れ様でした!

【まとめ】これで初期設定はすべて完了!

ここまで設定できれば、配信できる環境はほぼ整いました!

あとは「シーン(Scene)」の設定さえやれば、すぐにでも配信することができます。
「シーン(Scene)」とは、配信画面に何を表示するのか?を決める項目です。

ゲーム配信するためには、「シーン」の作成・設定も必須です。
シンプルな配信画面にするなら、キャプチャーしたゲームをそのまま表示するだけでもOKです。

ちなみに、シーンこそまさにSLOBSが本領を発揮できるところです。
細かく設定すれば、チャンネル登録の通知を出したり、チャットを表示したりできます。

より賑やかな配信画面にできるので、あなたのオリジナリティを出すこともできますよ!

とにもかくにも、配信画面に何かを表示させないことには始まりません。
なので、初期設定とあわせてシーン作成もぜひ覚えておきましょう!