DaVinci Resolveで編集した動画をエンコードする方法【YouTube向け】

どもども!PCゲーム情報ブロガーのヨッチです。( miraiyotch

DaVinci Resolveで動画を編集したら、最後にエンコードして出力します。
YouTube専用の設定もあるので、すぐにアップロードできる形にできますよ。

ここでは、DaVinci Resolveで編集した動画をエンコードする方法を紹介します。

やり方さえわかっていれば、どんな動画でもすぐにエンコードが可能です。
ここからサクッと動画を完成させてしまいましょう!

DaVinci Resolveで動画をエンコードする方法

DaVinci Resolveで動画をエンコードするには、デリバーページを使用します。
デリバーページでは、レンダリングの設定から出力まで行うことができます。

すべての動画編集が終わったら、画面下のメニューから「デリバー」をクリックします。

すべての動画編集が終わったら「デリバー」を開く

デリバーページの左上にある「レンダー設定」を編集します。

左上の「レンダー設定」を開く

レンダー設定では、以下のように設定を進めていきます。

各種項目を設定する

  1. 「YouTube」を選択
  2. 動画の保存先・名称を設定する
  3. 「レンダーキューに追加」をクリックする

画面右のレンダーキューに、作成したレンダー設定のキューが追加されます。
そのままレンダー開始をクリックすると、エンコードが開始されます。

「レンダー開始」でエンコードが始まる

レンダリング(エンコード)の間は、そのまま終了まで待機しましょう。
エンコードは処理が重いので、ほかの作業はしない方が良いと思います。

CPUの性能によっては、完了までかなり時間がかかります。
ゆっくりコーヒーでも飲みながら、気長に待ちましょう。

レンダリング中は終了までゆっくり待機しよう

エンコードが完了すると、レンダーキューに「完了しました」と表示されます。

「完了しました」と表示される

作成した動画を再生して、しっかりエンコードできたかチェックしましょう。

作成した動画アイコン

問題なければ、このまますぐYouTubeにアップロードできます。
これでエンコードは全て完了しました!

【まとめ】編集後にエンコードすれば動画は完成!

動画をすべて編集できたら、その後の作業はエンコードだけです。
エンコードが完了すれば、すぐにでもアップロードできる形式になっています。

ここではYouTube向けの設定で進めたので、YouTubeならこのままアップロード可能です。
もしYouTube以外の動画サイトでも、基本的な進め方は同じです。

有名な動画サイトならデフォルトで対応!

例えばTwitchなら、今回の設定で作成した動画をそのままアップロードできます。
Vimeoなら、Vimeo向けの設定があるのでそちらを使いましょう。

DaVinci Resolveのレンダー設定は、デフォルトでかなり使いやすい設定が用意されています。
有名な動画サイトなら、そのまま問題なく対応できるでしょう!

あなたが作成した動画は、他の人に見てもらうことで輝きます。
アップロードすることで、ついにすべての作業が完了です。

あと一歩で公開できるので、すぐにでも動画サイトにアップロードしてみませんか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでくれてありがとう!
感想や気づき、質問があれば、気軽にコメントメッセージを送ってね。
誰かのお役に立ちそうな情報はブログ記事として紹介します!