DaVinci Resolveで画像・アイコンを追加する方法【サイズ・位置の変更】

どもども!PCゲーム情報ブロガーのヨッチです。( miraiyotch

DaVinci Resolveでは、編集中の動画に画像・アイコンを追加できます。
動画内で画像を表示すれば、さらに表現の幅が広がって面白い動画が作れます。

ここでは、DaVinci Resolveで画像・アイコンを追加する方法をわかりやすく紹介します。

簡単な操作で追加できるので、2~3分くらいですぐ覚えられますよ。
どうやって追加するのか、やり方をチェックしておきませんか?

DaVinci Resolveで画像・アイコンを追加する方法

まずは、あなたが使いたい画像・アイコンをメディアプールに追加します。

使いたい画像・アイコンをメディアプールに追加する

メディアプールに追加したら、「エディットページ」で動画編集を進めていきます。

メディアプールに追加したら、エディットページで編集を進める

エディットページを開いたら、メディアプールからタイムラインに画像を追加します。
タイムライン上の追加したい場所に、画像をドラッグ&ドロップしましょう。

タイムラインに画像をドラッグ&ドロップする

これで画像が追加されました!

現在は、画面いっぱいに画像が表示されています。

画像いっぱいに画像が表示されている

画像の表示を変更するには、「インスペクタ」から設定します。

まずはタイムライン上の画像を選択します。

タイムライン上の画像をクリックして選択する

次に、インスペクタが開いていることを確認しましょう。

画面右上の「インスペクタ」が開いていることを確認する

インスペクタで、画像のサイズや位置、角度などを変更できます。
いろいろと設定を変えながら、見やすいように調整が可能です。

見やすいように設定を変更できる

このサンプルでは、以下の設定を変更してみました。

  • ズーム
  • 位置
  • 回転アングル
  • 左クロップ
  • 右クロップ

閉じているメニューは、ダブルクリックで開くことができます。
いろいろな項目があるので、実際に変更しながら調整してみましょう。

いろいろな項目を変更しながら調整しよう!

画像の設定が終わったら、表示する時間を設定します。
タイムライン上の「ビデオ2」に、デフォルトでは5秒間の画像が追加されています。

デフォルトで5秒間の画像が追加されている

画像のタイムラインは、ドラッグ&ドロップで長さを変更できます。
表示時間をもう少し短くしたいときは、タイムラインをドラッグして短くすればOKです。

タイムラインの端をドラッグ&ドロップすると表示時間を変更できる

これで動画に画像を追加することができました!
アイコンを追加するときも、流れは同じです。

テキスト・字幕とあわせて使っていけば、さらに見やすい動画を作ることができるでしょう!

【まとめ】画像・アイコンを簡単に追加できる

全体の流れをまとめると、こんな感じです。

  1. メディアプールに画像・アイコンを追加する
  2. ドラッグ&ドロップでタイムライン上に追加する
  3. インスペクタで表示設定を変更する
  4. 画像を表示する長さを設定する
  5. 再生しながら画像をチェックする

DaVinci Resolveでは、画像やアイコンも簡単に追加できます。
インスペクタから設定を変更すれば、いろんな方法で動画内に表示できます。

動画内で紹介したいものを表示したり、ちょっとしたアクセントを付けるのも良いでしょう。
見た目がガラッと変わるので、さらに面白い動画を作ることができます。

さらに細かく設定変更すると、画像をアニメーションさせることも可能です。
慣れてきたら、いろんな設定を試してみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでくれてありがとう!
感想や気づき、質問があれば、気軽にコメントメッセージを送ってね。
誰かのお役に立ちそうな情報はブログ記事として紹介します!