ソースコードを使わないWebデザイン【たった1つの方法】とは?

ヨッチヨッチ

こんにちは!Web集客コンサルタントのヨッチです。
プロフィールを見る

Webサイトを立ち上げるとき、今まではHTMLとかCSSが必要でしたよね。
ソースコードが苦手な方にとって、大きなハードルになっていたのではないでしょうか?

しかし、今ではソースコードなし(ノーコード)でWebデザインできる時代になっています。
今までは苦手意識があったとしても、チャレンジしてみる価値はあると思いますよ。

この記事では、ソースコードを使わないWebデザイン「たった1つの方法」について解説します。
すぐに実践できる内容なので、まずは軽くチェックしてみませんか?

ソースコードを使わずにWebデザインする方法とは?

まずは結論からお伝えします。
ノーコードでWebデザインするための方法とは、ページビルダーを使用することです。

ページビルダーとは、その名のとおりWebサイトやWebページを構築できるツールです。
ウィジェットと呼ばれるパーツをドラッグ&ドロップするだけで、簡単にページ作成ができます。

「見出し」からウィジェットをドラッグ&ドロップ

おすすめのページビルダーはどれ?

「ページビルダーが便利なのはわかったけど、どれを使えばいいの?」
こんな疑問が出てくるかもしれませんね。

僕もページビルダーを調べていて、どれがベストなのかいろいろ使ってみました。

で、最もおすすめなのは「Elementor」というページビルダーです。
無料版・有料版があって、無料版でも基本的な機能はすべて使うことができます。

Elementor

Elementorを使用する方法

Elementorは、WordPressというシステムで使用できます。
ページビルダーを導入する流れは、以下の3ステップです。

  1. エックスサーバーにお試し登録する
  2. WordPressをクイックインストールする
  3. Elementor(無料版)をインストールする

まだレンタルサーバーに登録していない方は、まずはエックスサーバーの無料お試しを使ってみましょう。
僕もこのサイト(ミライヨッチ)で今まさに使っています。

エックスサーバー

【エックスサーバー】公式サイトを見る

WordPressは、エックスサーバーに登録していればボタンを押すだけでインストールできますよ。

Elementorのインストール

WordPressをインストールしたら、次はElementor(無料版)をインストールします。
Elementorの基本的な使い方は、以下の記事で解説しています。

もう一度、ページビルダーを導入する流れをまとめますね。

  1. エックスサーバーにお試し登録する
  2. WordPressをクイックインストールする
  3. Elementor(無料版)をインストールする

WordPress・Elementorは無料で使えるので、お金がかかるのはレンタルサーバー・独自ドメインの2つです。
月額1,100円くらいです。

独自ドメインは、特典として無料でもらえることもあります。
「.com」「.net」といった、あなた独自のURLのことですね。

タイミングが良ければ、エックスサーバーでキャンペーンをやっていることもあります。
キャンペーンをやっているときは、公式サイトでわかりやすく告知されています。

以下のようなイメージですね。

エックスサーバー

【エックスサーバー】公式サイトを見る

実際にレンタルサーバーに登録してから、WordPress・Elementorをインストールするのはすごく簡単です。
公式サイトに必要な項目を入力するだけなので、慣れていれば5分くらいで終わります。

慣れていなくても、じっくり1つずつ確認しながら進めて30分くらいだと思います。

「今から30分後には、あなただけのサイトを自由に設計できる」
このように考えたら、なんだかワクワクしてきませんか?

これだけの手順で、あなただけのサイトを構築してページビルダーを使用できます。
最初だけの作業なので、やる気があるうちに一気に進めてしまいましょう!

固定ページ・LPをデザインする方法

固定ページやランディングページをデザインするなら、無料版・有料版のどちらでもOKです。
基本的なデザインであれば、無料版でも問題なく制作できます。

Elementor(無料版)
LPの基本的なデザイン

Elementor Pro(有料版)では、より高度なウィジェットやテンプレートを使用できます。
プロ仕様で、ビジネス向けの機能が網羅されているバージョンです。

僕もProを使っていまして、より効率的にハイクオリティなページ制作ができます。

Elementor Pro(有料版)
高度なウィジェット・テンプレート

もしPro専用の機能に興味があれば、こちらの記事も参考になると思います。

ウェブサイト全体をデザインする方法

Elementorを使えば、Webサイト全体を丸ごとデザインすることも可能です。

ドラッグ&ドロップで制作できるので、非常に強力な機能だといえますね。
サイト制作を一気に効率化できます。

必要な機能は、Elementor Proの「テーマビルダー」です。
有料版であるPro専用の機能となっています。

さすがに有料版だけあって、できることの幅がグッと広がります。
通常のWebサイトだけでなく、ECサイトまでデザインできます。

Kit Libraryを使えば、デザイン済みテンプレートをサイト丸ごとインポートすることも可能です。

【まとめ】ノーコードでサイト全体をデザインできる時代

ここまで、Elementorというページビルダーについて紹介してきました。
ページビルダーを使えば、ソースコードに触れることなくWebサイトをデザインできます。

しかも、ページ単位だけでなくサイト全体までデザイン可能です。
ここまで柔軟に設計できるシステムは、今まではありませんでした。

導入のハードルもかなり低いので、まずはお試し感覚で使うこともできます。
ノーコードの流れは、これからもどんどん加速していくでしょう。

今のうちに、できる範囲から実践してみませんか?
使ってみると、実際にすごく簡単だと体感できますよ。

まだWebサイトに触れたことがなければ、レンタルサーバーの導入から始めてみましょう!
無料お試しがあるので、サクッと開始できます。

エックスサーバー

【エックスサーバー】公式サイトを見る

そのあとは、この記事で紹介した流れで進めていけばOKです。

  1. エックスサーバーにお試し登録する
  2. WordPressをクイックインストールする
  3. Elementor(無料版)をインストールする

必要な情報は、すべてこの記事にまとめてあります。
なので、何度も見返しながらトライしてみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます!
ブログでお会いできたご縁に、心から感謝しています。

PS. 訪問者様へのお願い

当サイトは僕が一人で管理していて、記事数は550本以上あります。
なので、記事によってはリンク切れなどが発生している場合があります。

もしお気づきの点がありましたら、下にあるコメント欄からご報告いただけると嬉しいです。
もちろん、記事の感想とかメッセージも大歓迎です!

どんなコメントも励みになっていて、かならず返信しています。
本当にありがとうございます。

コメント欄に移動する