【WordPress】ツイッターのタイムライン・ツイートを埋め込む方法

ヨッチヨッチ

こんにちは!サイト運用メンターのヨッチです。

ワードプレスには、簡単にツイッターのタイムラインやツイートを埋め込むことができます。

タイムラインを埋め込んでおけば、ブログからSNSのことを知ってもらえます。
記事やウィジェットからもツイートを見てもらえるので、ぜひ活用したいところです。

ここでは、WordPressにツイッターのタイムライン・ツイートを埋め込む方法を紹介します。
この記事にもツイートを入れているので、実際に見ながらやり方をチェックしていきましょう!

WordPressのウィジェットにタイムラインを埋め込む方法

まずは、WordPressのウィジェットにタイムラインを埋め込む方法からお伝えします。

タイムラインを埋め込む

上の画像のような状態が完成形です。

タイムラインを埋め込むには、まずは「Twitter Publish」でプロフィールのURLを貼り付けます。

「Twitter Publish」でプロフィールのURLを貼り付ける

「display options」が表示されるので、「Embedded Timeline」を選択します。

「Embedded Timeline」を選択

埋め込みコードが表示されまずが、初期設定だとすごく縦長になってしまいます。
なので、「set customization options」を押してカスタマイズしましょう!

「set customization options」をクリック

タイムラインの高さ・幅を入力します。
ここでは、高さ500・幅300にしました。

2番目の項目では、タイムラインの色を選べます。
3番目は、デフォルトのままでOKです。

ここまで設定できたら、「Update」をクリックしましょう!

「Update」をクリック

カスタマイズしたコードが表示されるので、「Copy Code」をクリックしてコピーします。

「Copy Code」をクリック

WordPressのウィジェット設定で「カスタムHTML」を追加して、コピーしたコードを貼り付けます。

「カスタムHTML」を追加して、コピーしたコードを貼り付ける

「保存」をクリックすれば、ウィジェットにあなたのタイムラインが表示されます。

タイムラインが表示された

実際にやってみればすごく簡単ですよ!
常にタイムラインが表示されるので、SNSを見てもらえる可能性が高まります。

ウィジェットに追加しておけば、あとは何度でも場所の入れ替えもできます。
まずは気軽に試してみてはどうでしょうか?

WordPressの記事にツイートを埋め込む方法

次は、記事にツイートを埋め込む方法です。
ツイートの埋め込みは、タイムラインよりもさらに簡単ですよ!

あなたがワードプレスを使っているのであれば、ツイートのURLを貼り付けるだけでOKです。

ツイートのURLをコピーして貼り付け

https://twitter.com/miraiyotch/status/1368871372118757380

このように、簡単にツイートが記事に埋め込まれました!
WordPressにデフォルトでそなわっている機能なので、今すぐ使うことができます。

ツイートから埋め込みコードの取得もできますが、少しだけやることが増えます。
「ツイート→コードの発行→コピー→ペースト」という流れですね。

コードの発行

ちなみに、URL貼り付け・埋め込みコードのどちらも結果は同じです。
なので、あなたの好みの方法で埋め込んでみてはどうでしょうか?

【まとめ】ツイッターはWordPressと連携しやすい!

ここまで、ツイッターのタイムライン・ツイートを埋め込む方法をお伝えしてきました。
どちらも簡単に埋め込むことができるので、ワードプレスとすごく相性が良いSNSです。

ツイッターは、ブログとは異なる形で情報発信ができます。
なので、ブログ・SNSを両方ともバランスよく運用するのが大事だといえます。

それぞれのプラットフォームを連携させながら、価値ある情報をどんどん発信していきましょう!

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。

ワードプレスの構築や運用、気になることがあれば、お気軽にご相談くださいね。
ウェブサイトを活用した集客・販売や、WEBマーケティングのコンサルも行っています。

サイト構築・運用について相談する