【Webコンサルティング】ホームページを修正改善する3つの理由

ヨッチヨッチ

こんにちは。代表のヨッチ(高橋)です。
ミライヨッチにお越しいただき、ありがとうございます。
プロフィールを見る

ホームページを制作後、あなたは手を加えていますか?
どんなWebサイトでもそうですが、修正改善はかならず行っていく作業です。

この記事では、なぜホームページを修正改善するのか?3つの理由を解説します。

理由を知ることで、どのように修正すればいいのか判断しやすくなるはずです。
Webコンサルティングを行っている視点から、わかりやすくお答えしますね。

ホームページを修正改善する3つの理由

まずは、3つの理由をまとめてお伝えします。

  1. ホームページを育てる
  2. うまくいかない方法を変える
  3. うまくいく方法を伸ばす

このように、とてもシンプルな要素にまとめることができます。
といっても、具体的なアクションを起こさなければ、より良いサイト運用につながりません。

そこで、ここから各要素をもっと詳しくお話ししていきます。

【1】ホームページを育てる

1つめの理由としては、ホームページを育てることです。
たとえば、以下のような作業ですね。

  • ブログ記事を更新する
  • 各ページの文章を修正する
  • 効果的な配置に改善する

上記のような作業は、Webサイトの長期的な成長につながるでしょう。

ブログ記事を更新することで、サイト内の情報密度が高くなります。
また、よく更新されているサイトはGoogleの評価も上がりやすい傾向があります。

作って終わりではなく、何度も手を加えることが重要です。

【2】うまくいかない方法を変える

修正改善のやり方として、今までうまくいかなかった方法を変えるのは定石です。

Webサイトは、さまざまなデータを集めやすいメディアです。
なので、各ページのデータを比較しながら、「なぜうまくいかないのか?」を探ります。

以下のようなツールを使えば、簡単にデータを収集できます。

Googleアナリティクス(アクセス解析)

アクセス解析は、Webマーケティングに興味がある方であればご存知かと思います。
いろんな種類がありますが、Googleアナリティクスはよく使われているツールです。

Mouseflow(ヒートマップ)

ヒートマップは、ページのスクロール率、熟読エリアの解析、クリック率やレコーディングが可能です。
ページごとに、より深く分析できるツールですね。

GRC(検索順位チェックツール)

検索順位チェックツールは、GoogleやYahooのキーワードの順位がどのくらいかチェックできます。
長期的にサイト運用するなら、順位の動向をチェックするのも重要です。

各ツールのデータを扱う期間について

各ツールのデータは、数日だけだとあまり精度が高くありません。
数週間から数ヶ月といったスパンで比較することで、見えてくるものがあります。

一定の期間で比較しながら、うまくいっていない部分をチェックすれば、改善の役に立つはずです。

【3】うまくいく方法を伸ばす

うまくいかない方法の修正だけでなく、うまくいく方法を伸ばすことも重要です。

人間の心理的に、良くないところに目が行きやすいのは仕方のないことだと思います。
しかし、うまくいく方法を伸ばすことも、成果を上げるためには必要なことです。

【2】でお伝えしたツールをそのまま分析すれば、良いところも見つけられるはずです。

良いところを見つけるときのポイントは、共通項に着目することです。

まずは、伸びているコンテンツを複数まとめて比較します。
そのうえで、なぜ伸びているのか?共通する要素を探してみます。

すると、単体ではわからなかった要素が、少しずつ浮かび上がってくることがあります。
これこそ、ここでいう「良いところ」の共通項です。

共通項は、抽象度の高い概念として扱います。
つまり、具体例をそのまま転用しても効果が見込めるか不安定だったりします。

なので、抽象化して応用ができるようにして、別の具体事例に転用します。

具体と抽象の思考は、慣れていないとやりづらく感じる部分もあるでしょう。
以下の書籍でわかりやすく解説されているので、手に取ってみると良いと思います。

具体と抽象は、コンサルタントであれば必須の思考であると僕は考えています。

僕自身もWebサイトの戦略やマーケティングのコンサルをやっているので、日々鍛えている思考です。
なので、アドバイスするときに抽象度の高低はいつも意識しています。

【まとめ】3つの理由をふまえて修正改善を繰り返そう

ここまで、なぜホームページに修正改善が必要なのか、3つの理由を解説してきました。

  1. ホームページを育てる
  2. うまくいかない方法を変える
  3. うまくいく方法を伸ばす

どれも当たり前のことですが、だからこそ丁寧に実行する必要があります。

Webサイトを公開しても、放置していては意味がありません。
価値ある情報を提供するからこそ、Webサイトは存在できるのです。

趣味のサイトなら、好きなことを好きなように発信するのも自由だと思います。
ただ、成果を上げるなら価値提供するのは当然のことです。

僕が行っているWebコンサルでは、サイト戦略という土台レベルから丁寧に構築していきます。
戦略フレームワークも無料で公開しているので、興味があればチェックしてみてくださいね。