なぜ名刺代わりのホームページは失敗するのか?格安サイトの落とし穴

ヨッチヨッチ

こんにちは。Web戦略コンサルタントのヨッチです。
プロフィールを見る

名刺代わりのホームページって、よく聞く言葉だと思いませんか?
つまり、「インターネット上で会社概要を公開しよう」という意味合いだと思われます。

しかし、よほどの知名度がない限り、とりあえずWebサイトを公開しても見てもらえないのは明らかです。

この記事では、なぜ名刺代わりのホームページは失敗するのか?理由を解説していきます。
また、格安サイトにどんな落とし穴があるのか?Web戦略コンサルタントの視点でお話しします。

「とりあえず」でサイトを作ってからでは遅いので、まずは内容をチェックしておきませんか?

なぜ名刺代わりのホームページは失敗するのか?

まずは、なぜ名刺代わりのホームページは失敗するのか、理由を解説します。
結論からお伝えすると、名刺代わりを目的としたホームページは、名刺代わりにしかならないからです。

ただ情報を載せるだけが目的となっているので、ごく当たり前のことですよね。
つまり、Webサイトを制作してそのまま放置してしまうことになります。

明確な目的がないままWebサイトを作ってしまうと、その後の行動につながりません。
集客するなら集客のためのWebサイト、販売するなら販売のためのWebサイトが必要です。

「名刺代わり」とは、目的が非常にあいまいです。
情報を載せたとして、その情報をどのような形で届けるのでしょうか?

訪問者に価値を提供しなければ、貴重な時間を割いてもらえません。
いかに伝わりやすく情報を加工するかなど、考えることはたくさんあります。

本気でインターネットの世界を活用するなら、Webサイトを育てていくことが必須です。

格安でホームページを作ったとしても、運用しなければ意味がありません。
運用しながら修正改善することで、少しずつ発信者と訪問者のズレを解消していきます。

特に慣れていないうちは、発信者の視点が強くなりがちです。
なので、訪問者としてどのように感じるのか?を常に意識する必要があります。

格安サイトの落とし穴とは?

格安サイトの落とし穴とは、ホームページを開設することだけにフォーカスしている点です。

低価格で開設したホームページは、後のことをどれだけ考えて作られているでしょうか?
また、体系的なノウハウによって運用される見込みはあるのでしょうか?

残念ながら、多くのホームページは開設して放置されてしまうのが現状です。
僕はWebサイトが大好きなので、本当に残念で仕方ありません。

なぜ安くWebサイトを作れるのかというと、一定のフォーマットに沿って作られるからです。
つまり量産ですね。

価格を安くするために、人・時間・労力にかけるコストは削減されています。
だから、目に見えない土台部分でほとんど手つかずの状態になってしまいます。

ただ、注意してほしいのは「高額=高品質」というわけでもないことです。
僕としても歯がゆいのですが、良し悪しを判断する基礎スキルを身につけてほしいなと思っています。

ホームページで失敗しないために重要なこと

ここまでの内容を踏まえたうえで、ホームページで失敗しないために重要なことをお話しします。

まずは目的ありきで、その目的を達成するために戦略を立てていきましょう。
そして、戦略を実行するために具体的な戦術を組み合わせていきます。

戦略から戦術へ、抽象から具体へ落とし込むということですね。

Webサイトは作って終わりではなく、作ったあとが本番です。
運用ノウハウがなければ、広大なインターネットの世界で流されて消えてしまうでしょう。

だからこそ、体系化された知識・経験によって、Webサイトを育てていく必要があります。

最初のうちは、まだ種を植えたばかりの状態です。
土壌を整えて種を植えてから、丁寧に育てていくのが大切なんです。

作ったあとにどうやって運用するのか?

Webサイトを制作後は、いかに運用するかが重要だとお伝えしました。
では、どんな行動を起こせば良いでしょうか?

その答えこそ、「なぜWebサイトを運用するのか?」という問いによって導き出されます。

「ホームページを公開したい」が目的であれば、公開したらそこで終了です。
「デザインが良いホームページを作りたい」が目的であれば、デザインが良ければ終了です。

公開することも、デザインを良くすることも、あくまでも手段にすぎません。
手段だけを達成しても、次の行動につながらないのです。

もっと深い部分の「なぜ?」に答えられるからこそ、次に必要な行動が見えてきます。

ちなみに、僕自身もこのサイトを立ち上げるときに「なぜ?」を考え抜きました。
だから、細部を修正することはあっても、根っこの部分はブレなかったのです。

【まとめ】本当に「名刺代わり」が目的で良いのか?

もし名刺代わりでサイトを作ろうと思っていたら、いま一度よく考えていただきたいと思っています。

戦略という土台がなければ、本当に「公開するだけ」で終わってしまいます。
せっかく公開したのに誰も訪問しなければ、すごく残念ではないでしょうか?

インターネットを活用してビジネスを成長させるなら、そのための土台が必要です。
土台とは、建築物であれば「基礎」にあたります。

高層ビルを建てるとき、基礎を手抜きしたらどうなるでしょうか?
・・・建てたあとにいくら手を加えても、もう手遅れなのです。

どれだけ荒削りだったとしても、本来の目的からブレずに運用することがサイトの成長につながります。

いかに体系化されたノウハウを実践するのか?

ゼロからサイトを育てるのは大変だからこそ、体系化されたノウハウが必要です。

僕が行っているWeb戦略コンサルティングでは、クライアント様と一緒になって戦略を組み立てています。
また、Webサービスの良し悪しを判断するサポートもさせていただいてます。

「どのようにサイト戦略を立てればいいのか?」を解説する、無料レクチャーも配布中です。

無料といっても、Webサイト戦略の基礎をがっちり固められる内容となっています。
実際に見ていただければ、あなたにも価値を実感してもらえるはずです。

もしご興味があれば、以下のページで詳細をチェックできます。