LP(ランディングページ)を作成できるおすすめプラグイン3選

ヨッチヨッチ

こんにちは、ブログ運用メンターのヨッチです。

WordPressでLP(ランディングページ)を作るには、どんな方法が良いと思いますか?

テーマに実装されている場合もありますが、簡易的な機能であることがほとんどです。
クオリティの高いページを作るなら、LPに特化したプラグインを使うのが良いでしょう。

この記事では、ハイクオリティなLPを簡単に作れるページビルダーを3つ厳選して紹介します。

初心者でも直感的に操作できて、CVまでの導線をしっかり作ることができます。
効率的にページ作成するためにも、一度チェックしてみませんか?

LP(ランディングページ)を作成できるおすすめプラグイン3選

それでは、おすすめのLP作成プラグインを3つまとめて紹介します。

  1. Elementor
  2. Danganページビルダー
  3. Beaver Builder

3つとも、ハイクオリティなLPを素早く簡単に作ることができます。
それぞれに特徴があるので、ここから1つずつ詳しく見ていきましょう。

【1】Elementor

Elementor

価格
無料(通常版)
49ドル/年(Pro版)
メリット
どんなLPでも自由に作成できる
作成できるページのクオリティが非常に高い
デメリット
有料版は年額課金

Elementorは、ワードプレスで最も使われている人気のページビルダーです。
とにかく使いやすく、あらゆるページを簡単に作ることができます。

通常版のエレメンターは無料なので、導入するハードルもかなり低いです。
無料でも基本的な機能はすべて使えるので、試してみてからPro版も検討できます。

Pro版では、よりビジネス向けの機能が追加されています。

Pro版専用ウィジェット

たとえば、Pro版専用ウィジェットです。
アニメーション・カウントダウンなども使えるので、より完成度の高いLPを作成できるでしょう。

ポップアップビルダー

また、ポップアップビルダーという機能も搭載されています。
さまざまなタイプのポップアップを自由自在に作成できるので、CV率の向上も期待できます。

Pro版テンプレート

デザイナーが作成したPro版テンプレートを使えるので、素早くかっこいいLPが完成します。
自分でページを作らなくても、すでにデザインされたテンプレが使えるのは非常に便利です。

世界No1のシェアを誇るページビルダーなので、実績も十分すぎるくらいです。
僕もPro版を購入して使っていまして、LP作成にベストなプラグインだと感じています。

【Elementor】公式サイトを見る

【2】Danganページビルダー

Danganページビルダー

価格
12,800円(買い切り)
メリット
文章を読んでもらうLPに向いている
デメリット
インパクトのあるページは苦手
似たようなデザインになりがち

Danganページビルダーは、パーツを自由に配置してページ作成できるプラグインです。

見た目のインパクトよりも、どちらかと「読んでもらう」LPに向いているプラグインです。
12種類のデザイン済みパーツを配置して、ヘッドからCVまでの導線を作ることができます。

シンプルかつ見やすいページを作れるので、ライティングで勝負したいときに使うと良いでしょう。
買い切り型のプラグインなので、一度購入してしまえばずっと使えるのも良いところです。

ただし、インパクトのあるページ作成はあまり得意ではありません。
デザインパーツの基本形は同じなので、どのページも似たようなデザインになりがちです。

第一印象で「おっ」と思わせるには、作成者のアイデアや工夫が必要でしょう。

また、LPのテンプレートは用意されていません。
なので、どのページもすべて自分でページを作っていくことになります。

文章を読んでもらうLPを作りたいときに、検討してみてはどうでしょうか?

【Danganページビルダー】公式サイトを見る

【3】Beaver Builder

Beaver Builder

価格
無料(通常版)
99ドル/年
メリット
ページ作成までの時間が速い
作成できるサイト数が無制限
デメリット
エレメンターよりも機能・テンプレート・アドオンが少ない

Beaver Builderは、エレメンターと同じようにドラッグ&ドロップで配置できるプラグインです。
シンプルにページ作成できるので、スピーディーに作業を進めることができます。

また、有料版で作成できるサイト数は無制限です。
目安としては、5サイト以上でLPを作りたいときに割安で使えるでしょう。

Beaver Builderは、以前はトップクラスの人気を誇るページビルダーでした。

しかし、現状ではエレメンターの勢力に押され気味です。
エレメンターよりも、機能・テンプレート・アドオンなどが少ないというデメリットがあります。

比較するポイントは、やはり有料版のコストパフォーマンスでしょう。

エレメンターは、各プランによってサイト数が決まっています。
Beaver Builderは、どのプランも無制限のサイトで使用できます。

コスト・クオリティなどを比較しながら、プラグインを選んでみてはどうでしょうか?

【Beaver Builder】公式サイトを見る

【まとめ】プラグインのメリット・デメリットを比較して選ぼう

ここまで、LP(ランディングページ)を作成できるおすすめプラグインを3つ紹介してきました。

結論をまとめると、クオリティが高くて一番おすすめなのは「Elementor」です。

もっとも優秀なのは「Elementor」

エレメンターは、ページビルダーとしての総合力が非常に高いです。
さすがに世界No1シェアの実力を感じますね。

どんなLPにも対応できるプラグインを探しているなら、間違いなくベストだといえます。

Elementor

【Elementor】公式サイトを見る

ライティング重視なら「Danganページビルダー」

ライティング重視のLPなら、Danganページビルダーも良い選択肢となります。
買い切り型プラグインなので、費用の負担が少ないのも良いところです。

Danganページビルダー

【Danganページビルダー】公式サイトを見る

コスパ重視なら「Beaver Builder」

コストパフォーマンスで比較したいときは、Beaver Builderも見てみると良いでしょう。
エレメンターと似たような感覚で、シンプルかつ簡単な操作でページ作成できます。

Beaver Builder

【Beaver Builder】公式サイトを見る

どのプラグインも、ページビルダーとして使いやすいのは間違いありません。
それぞれに得意分野があるので、あなたの目的にあわせて比較してみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。

今は個人でも、戦略があればウェブサイトで稼ぐことができる時代です。
もし興味があれば、WordPressについて無料で学んでみませんか?

WPクエスト

【WPクエスト】冒険の扉に向かう