エックスサーバーで「ads.txt」の設定を追加する方法【Google AdSense】

ヨッチヨッチ

こんにちは。WordPressシステムマーケッターのヨッチです。
ストーリーを見る

Google AdSenseをサイトに導入するときには、「ads.txt」を設定する必要があります。
あなたの情報を書いたテキストファイルを、サーバー上にアップロードすれば完了です。

エックスサーバーには、自分でアップロードしなくても管理画面から追加する方法があります。

この記事では、どうやってエックスサーバーで「ads.txt」の設定を追加するのか説明します。
手間をかけずにすぐ設定を追加できるので、さっそく試してみましょう!

エックスサーバーで「ads.txt」の設定を追加する方法

まずは、Google AdSenseであなたの情報を確認しておきましょう。

Google AdSense

【Google AdSense】ログインページはこちら

管理画面で、「アカウント」→「アカウント情報」を開きます。

「アカウント」→「アカウント情報」を開く

「パブリッシャーID」が、設定に必要な項目です。
コピーして、メモ帳などに残しておきましょう。

次に、エックスサーバーの公式サイトから管理画面にログインします。

エックスサーバー

【エックスサーバー】公式サイトはこちら

右上からサーバーパネルにログインします。
アカウント画面が開いたときは、「サーバー管理」をクリックするとサーバーパネルが開きます。

「サーバー管理」をクリック

サーバーパネルが開いたら、「ads.txt設定」をクリックします。

「ads.txt設定」をクリック

「ads.txt設定追加」タブを開いて、各種項目を入力します。

各種項目を入力

広告システム
google.com
サイト運営者ID
pub-〇〇(パブリッシャーIDを入力)
契約種別
DIRECT
認証機関ID
f08c47fec0942fa0

「サイト運営者ID」に、メモしておいたパブリッシャーIDを入力しましょう。

「広告システム」「認証機関ID」はコピペでOKです。
「契約種別」は、あなたのアカウントを直接管理しているなら「DIRECT」を選択します。

項目を入力したら、「確認画面へ進む」をクリックします。

「追加する」をクリック

内容を確認したら、「追加する」をクリックします。

設定が追加された

これで「ads.txt」の設定が追加されました!
Google AdSenseの管理画面から、アラートが消えているか確認してみましょう。

【まとめ】エックスサーバーで簡単に「ads.txt」を設定できる

やり方さえ覚えておけば、エックスサーバーの管理画面から簡単に「ads.txt」を設定できます。
ファイルをアップロードしなくていいので、ほとんど手間もかかりません。

全体の流れは、以下の3ステップです。

  1. Google AdSenseでパブリッシャーIDを確認
  2. エックスサーバーで「ads.txt設定」を開く
  3. 必要な項目を入力して追加する

項目を入力するときのフォーマットは、以下のとおりです。
アドセンス広告を始めるときだけの設定なので、サクッと追加してみてはどうでしょうか?

広告システム
google.com
サイト運営者ID
pub-〇〇(パブリッシャーIDを入力)
契約種別
DIRECT
認証機関ID
f08c47fec0942fa0

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。