WordPressのおすすめレンタルサーバー3選【個人・法人・メディア】

ヨッチヨッチ

こんにちは!WordPressシステムマーケッターのヨッチです。
プロフィールを見る

WordPressを運用するレンタルサーバーは、目的によって選ぶのがおすすめです。
というのも、どんなサイトを運営するかによって、求められる性能が異なるからです。

たとえば、以下のようなサイトはそれぞれ性質が異なります。

  • 個人ブログ
  • 法人サイト(コーポレート)
  • メディアサイト

なので、どれだけのコストをかけて、どれだけの性能にするかよく考える必要があるでしょう。
バランスをとって選ぶことが大事なのです。

というわけで、この記事ではおすすめのレンタルサーバーを目的にあわせて紹介しています。
あなたにとって、ベストなレンタルサーバーを探してみませんか?

WordPressのおすすめレンタルサーバー3選

では、目的ごとのレンタルサーバーをまとめてお伝えします。

  • 【個人ブログ向け】エックスサーバー
  • 【法人向け】エックスサーバービジネス
  • 【メディアサイト向け】CPI マネージド専用サーバー

僕が考えるベストのレンタルサーバーは、上記のサービスです。
もちろん、選定した理由もちゃんとあります。

ここから、もっと詳しく解説していきますね。

【個人ブログ向け】エックスサーバー

個人ブログであれば、エックスサーバーが特におすすめです。

エックスサーバー

【エックスサーバー】公式サイトを見る

その理由は、以下のとおりです。

  • 長期的に安定した運営が可能(稼働率99.99%以上)
  • サーバー性能を無料でアップグレードできる(不定期)
  • 月額1,000円ほどでコスパが良い

長期的に安定した運営をしていくうえで、信頼性のあるレンタルサーバーとなっています。
このブログも、運営当初からずっとエックスサーバーを使っています。

また、月額1,000円前後で使えるのも魅力的です。
ブログにとって十分な性能・安定性を備えつつ、コストもしっかり節約できます。

より詳しい解説ページもあるので、興味があればチェックしてみてはどうでしょうか?

【法人向け】エックスサーバービジネス

法人向けのコーポレートサイトであれば、エックスサーバービジネスがおすすめです。

エックスサーバービジネス

【エックスサーバービジネス】公式サイトを見る

先ほどお伝えしたエックスサーバーの特徴は、当然ながらすべて備わっています。

  • 長期的に安定した運営が可能(稼働率99.99%以上)
  • サーバー性能を無料でアップグレードできる(不定期)
  • 機能・価格のコスパが良い

エックスサーバービジネスでは、コーポレートサイトとして十分に耐えうる仕様になっています。

エックスサーバー(個人向け)との違いは、「企業認証SSL」「EV SSL」を利用できることです。
より知名度が高いサービスを使えるので、法人としての信頼性をしっかりと支えてくれるでしょう。

また、保守管理・セキュリティ強化の必須機能がすべて無料で提供されています。

  • 自動バックアップ
  • WAF
  • Web改ざん検知

さらに、必要であればホームページ制作の無料代行もあります。
サイト構築だけであれば、サクッと作ってもらうことも可能です。

【メディアサイト向け】CPI マネージド専用サーバー

メディアサイトであれば、CPI マネージド専用サーバーがおすすめです。

CPI マネージド専用サーバー

【CPI マネージド専用サーバー】公式サイトを見る

CPIは、KDDIグループが運営するサーバーです。
マネージド専用サーバーの特徴は、大量アクセスにも非常に強いという点です。

大量のアクセスが予想されるメディアサイトでは、なによりも安定性が重要になります。
記事がバズったときにも安定してサイト表示できれば、大きなチャンスをつかみ取れるでしょう。

共用サーバーよりも専用サーバーのほうが安定しやすい

土日祝は、平日よりもアクセスが増えやすい傾向があります。

共用サーバーは他サイトとリソースを分け合っているので、より負荷が高くなっている状態です。
負荷が高い状態であなたの記事がバズったら、サイトが落ちてしまう可能性があります。

マネージド専用サーバーであれば、サーバーのリソースを独占して利用できます。
なので、他サイトの影響を受けずに、記事がバズったときも安定して表示できる確率が高まります。

【まとめ】サイトの目的に合わせて選ぶことが大事

ここまで、3種類のサイトにあわせてレンタルサーバーを紹介してきました。

個人ブログ
エックスサーバー
法人サイト(コーポレート)
エックスサーバービジネス
メディアサイト
CPI マネージド専用サーバー

どのレンタルサーバーも、とても使いやすくて信頼できるサービスです。
その中でも、やはり目的によって使い分けるのが大切です。

たとえば、個人ブログに「マネージド専用サーバー」はオーバースペックといえるでしょう。
メディアサイトに「エックスサーバービジネス」は、機能の優先順位が異なっています。

あなたが求めるサイトの方針に合うように、サーバーを厳選してみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。