WordPressの記事データをまとめてエクスポート・インポートする方法

ヨッチヨッチ

こんにちは!WordPressシステムマーケッターのヨッチです。
プロフィールを見る

WordPressでは、記事データをまとめてエクスポート(保存)できるって知っていましたか?
記事に関わるすべてのファイルを保存できるので、サイトを移行するときにも便利な機能です。

しかもデフォルトで備わっている機能なので、難しい操作もありません。
ワードプレスの移行はもちろん、簡易的なバックアップとして使うこともできます。

すごくシンプルなので、サクッと使い方を覚えておきましょう!

WordPressの記事データをエクスポートする方法

それでは、まずは記事データをエクスポートする方法を紹介します。
「ツール」→「エクスポート」をクリックして、エクスポート画面を開きます。

「ツール」→「エクスポート」をクリック

エクスポート内容を選択できるので、必要なファイルを選択しましょう。

基本的には、「すべてのコンテンツ」で問題ありません。
「エクスポートファイルをダウンロード」をクリックすると、すぐにファイルを保存できます。

「すべてのコンテンツ」を選択して「エクスポートファイルをダウンロード」をクリック

これでエクスポートが完了しました!

WordPressの記事データをインポートする方法

次に、記事データをインポートする方法です。
「ツール」→「インポート」をクリックします。

「ツール」→「インポート」をクリック

WordPressの項目があるので、「今すぐインストール」をクリックします。

「今すぐインストール」をクリック

インポート用の公式プラグインが自動インストールされます。
画面が切り替わったら「インポーターの実行」をクリックしましょう。

「インポーターの実行」をクリック

保存したファイルを選択して「ファイルをアップロードしてインポート」をクリックします。

保存したファイルを選択して、「ファイルをアップロードしてインポート」をクリック

次に、インポートの設定を行います。

投稿者の割り当ては、誰が所有する記事なのか選択します。
通常は既存のユーザーにそのままインポートすればOKです。

「添付ファイルをダウンロードしてインポートする」にはチェックをいれておきましょう。
このチェックを入れることで、以前のサイトから画像などをダウンロードできます。

設定ができたら、「実行」をクリックします。

設定ができたら、「実行」をクリック

完了画面が表示されたら、すべてのインポートが完了です!

すべてのインポートが完了

エクスポートできるファイル・できないファイルについて

デフォルトの機能では、エクスポートできるファイルとできないファイルがあります。

エクスポートできるファイル

エクスポートできるのは、以下のファイルです。

  • 投稿
  • 固定ページ
  • メディア

基本的には、記事データをまとめてエクスポートできます。
テーマやプラグインによっては、エクスポートできる項目が多くなることもあります。

ただし、メディアに関しては画像をそのまま保存はしません。
以前のサイトにある画像は、インポートするときにダウンロードされます。

なので、メディアをインポートする時点で以前のサイトを残しておく必要があります。

エクスポートできないファイル

エクスポートできないのは、以下のようなファイルです。

  • テーマ
  • プラグイン
  • 設定

ワードプレスの構成に関わるファイルは、エクスポートされないようになっています。
もし構成も含めてバックアップしたいときは、プラグインを使用しましょう!

【まとめ】デフォルトの便利機能も覚えておこう!

デフォルトのインポート・エクスポートは、すごくシンプルな操作で使うことができます。

難しい操作がないので、初心者の方でも簡単です。
デフォルトの機能なので、安心して使えるのも良いところです。

エクスポートできるファイルは限られていますが、記事データを保存したいときは使いやすいです。
サイトを移行したときも、すぐに以前の記事をインポートできます。

プラグインとはまた違った使い方ができるので、知っておいて損はありません。
「こんな機能もあるんだなぁ」と覚えておいてもらえたら嬉しいです!

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。