【Elementor】テンプレートからデザインの良いページを作る3つの手順

ヨッチヨッチ

こんにちは!WordPressシステムマーケッターのヨッチです。
プロフィールを見る

Elementorを使っていて、すべてのページを作るのって大変だと感じていませんか?
自分でデザインを考えたり、細部を調整するのって時間がかかりますよね。

そこで活用したいのが、Elementorのテンプレート機能です。
公式サイトでは、すでにデザイン済みのテンプレートがたくさん用意されています。

この記事では、テンプレートからデザインの良い記事を作る3つの手順を紹介します。
サイト制作に慣れていない方も、かっこいいページをすぐに作ることができますよ。

というわけで、さっそく手順を見ていきましょう!

記事の内容を動画でまとめました!

ヨッチヨッチ

記事について、動画ですべてお話ししています。
補足も交えて解説しているので、気になる方はこちらもどうぞ。

テンプレートからデザインの良いページを作る3つの手順

まず最初に、3つの手順をまとめてお伝えします。

  1. テンプレートを追加する
  2. ウィジェットを編集・削除する
  3. ウィジェットを追加する

この順番で進めていけば、かなり効率的にかっこいいページを作ることができます。
LPやプロフィールページにも使えるので、ぜひ試してみましょう。

【1】テンプレートを追加する

Elementorには、デザインの良いテンプレートがたくさんあります。

Elementorテンプレート特集

【Elementor】テンプレート特集を見る

無料でも使えるテンプレートはありますが、Pro版の方がクオリティは高いです。
なので、センスの良いページを作るならPro版の方がおすすめです。

テンプレートは、Elementorの編集ページから選択します。
まずは新規ページを作成して、「テンプレート追加」アイコンをクリックしましょう。

「テンプレート追加」アイコンをクリック

「固定ページ」タブから、公式テンプレートを選択します。
「PRO」と書かれているのは、すべてPro専用のテンプレートです。

テンプレートを選んだら、「挿入」をクリックしましょう。

「挿入」をクリック

これでテンプレートが追加されました!

テンプレートが追加された

このあとは、自由に中身を編集できます。
まずは、ウィジェットの編集・削除から進めていきましょう。

【2】ウィジェットを編集・削除する

テンプレートから追加したページは、すべてElementorで編集できます。
なので必要なウィジェットだけ残して、不要なウィジェットを削除しましょう。

不要なウィジェットを削除

ウィジェットを削除しながら、使えそうなパーツを編集していきます。

使えそうなパーツを編集する

このように、公式テンプレートをベースにして編集を進めていきます。
編集・削除ができたら、ウィジェットの追加もやってみましょう。

【3】ウィジェットを追加する

編集・削除とあわせて、必要に応じてウィジェットも追加していきます。

ウィジェットを追加する

自由なレイアウトができるので、テンプレートにあわせてカスタマイズしてみましょう。
あなたの目的にあわせて、必要なパーツを選んで配置することが重要です。

【Elementor】ウィジェット一覧を見る

そして最終的に完成したページがこちらです。

完成したページ

クオリティの高いページを、スピーディーに作ることができました。

最初から自分で作るよりも、時間がかからない上にデザイン性も高いです。
作業の効率化だけでなく、デザインに自信がない方でも簡単にページを作れます。

Pro版には高品質なテンプレートがたくさんあって、新作も随時追加されています。
なので、効率化・クオリティ向上を目指すなら、PRO専用テンプレートが使いやすいです。

【まとめ】Elementorのテンプレートで作業をグッと効率化できる

Elementorのテンプレートは、とにかくセンスが良いものばかりです。
さまざまな業種にも対応しているので、お気に入りのデザインがきっと見つかると思います。

Elementorの優秀なところは、テンプレートの良いところだけを活かせる点です。
ウィジェットを編集・削除しながら、必要なパーツを追加できます。

ハイクオリティなデザインをベースとして、あなただけのページを簡単に作ることができます。
こんなページをコードも見ないで作れると思ったら、なんだかワクワクしませんか?

完成したページ

Elementorは、ワードプレスを使っているなら今すぐ導入できます。
まずは無料で使ってみて、良さそうならPro版のアップグレードも検討してみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。