【ブログ記事】読まれるかどうかは書くときの気分によって決まる

ヨッチヨッチ

こんにちは。WordPressシステムマーケッターのヨッチです。
ストーリーを見る

あなたは記事を書くとき、どんな気持ちで書いていますか?
楽しんで書いてますか?

ブログ記事が読まれるかどうかは、実は書くときの気分によって決まることも多いです。
では、なぜ「気分」という感覚的な部分に左右されるのでしょうか。

ここでは、なぜ記事を書くときの気分が大切なのか、わかりやすく説明します。
もっと読んでもらえる記事を書きたいときは、一度チェックしておきませんか?

なぜ記事を書くときの気分が大切なのか?

記事を書くときの気分が大切な理由は、文章には書き手の感情がそのまま乗っているからです。

言葉には力が宿ると聞いたことがありませんか?
これを言霊と呼びます。

ブログ記事の文章にも、どんな気持ちで書いたのかが宿っています。
そして、人間には言葉に宿ったエネルギーを感じ取るセンサーが備わっています。

記事を書くときに「嬉しい」「楽しい」「感謝」などの気持ちが宿ると、心地よく読めるのです。

なんとなく書いてあることは正しいけれど、心から共感しきれないことってありませんか?
言葉ではうまく説明できないところに、書き手のエネルギーが感じられるはずです。

記事をしっかり読むと、書き手がどれだけ読み手のことを考えているのか見えてきます。
読み手のことを考えて書かれた記事こそ、よく読まれて信用されるということです。

文章を書くときの感情に意識を向ける

というわけで、文章を書くときの感情をよく意識しておくことが大事です。
できるだけポジティブな感情を持ちながら書いたほうが、読みやすい文章になります。

読んでくれる人が笑顔になったところを想像しながら書くと、素敵な記事になると思います。
記事を読んでくれるのは、画面の向こう側にいる1人の人間ですからね。

逆に、ネガティブな感情を持って書いた文章は無機質になりがちです。
もしかしたら、読み手を不快にさせてしまうかもしれません。

せっかくサイトに訪問してくれたのに、相手を嫌な気持ちにはさせたくないですよね。

どうしても気分が乗らないときの対処法

どうしても気持ちが乗らないときは、「書かない」というのも1つの方法です。
もしくは、ポジティブな感情のときに記事をストックするのも良いでしょう。

やり方は人それぞれですが、工夫を凝らして対処していく必要があります。
「瞑想」をうまく活用するのも、おすすめの方法です。

瞑想することで気持ちを整えることができる

「ポジティブな感情」といっても、そう簡単に切り替えるのは難しい方もいると思います。
そんなときは、瞑想が非常に効果的です。

副交感神経を優位にして、集中力が高まり、雑念を消すことができるようになります。
習慣化している方も多いようなので、あなたもやったことがあるかもしれません。

世界中の有名人が実践していたり、Googleも取り入れているくらいなので、良いことばかりです。

朝起きたとき、寝る前、作業を始める前など、様々なシーンで役に立ちます。
ネガティブな感情に左右されがちな方は、試してみる価値があるでしょう。

【まとめ】文章と書き手の気分は大きく関わっている

内容をまとめると、文章の書き手がどんな気分で書いているのか?は非常に重要ということです。

ブログ記事の文章は、それぞれが独立した文字列ではありません。
書き手の感情が乗っている、文章全体としてのエネルギーです。

そして、読み手にはエネルギーがしっかり伝わります。
人間には、言葉に宿ったエネルギーを感じ取るセンサーが備わっているからです。

なので、できるだけポジティブな感情をもって文章を書くようにしましょう!

もし気分が乗らないときは、「書かない」という選択肢もあります。
瞑想を活用することで、心の調子を整えるという方法もあります。

ほかにも方法はたくさんあると思うので、あなたのやり方で楽しく記事を書いてみませんか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。