【レビュー:Bastion】やり込み要素が満載の本格2Dアクション!

どもども!元ニートPCゲーマーのヨッチです。( miraiyotch

あなたは「Bastion」っていうゲームを聞いたことがありますか?

見下ろし型のアクションで、パッと見たイメージでは簡単そうなゲームです。
しかし実のところ、すごいやり込み要素が詰まった良ゲーなのです。

この記事では、「Bastion」を僕がプレイしてみたレビューをお伝えしてます。
いったいどこにやり込み要素があるのか、詳しく見ていきましょう!

「Bastion」のゲーム情報

ジャンル 見下ろし型アクション
価格 1,520円(Steam)
610円(iOS)
クリア時間 10時間(ヨッチの場合)
おすすめ度 5.0

「Bastion」はSteam・iOS(Appstore)で買うことができます。
残念ながら、Android版はなかったです。

価格はSteamのPC版が1,520円、iOS版が610円です。
ちょっと価格に差がありますが、基本的には内容は同じです。

ただ、Steamでは大型セールでがっつり安くなります。
最安値はなんとたったの228円!

さすがに安すぎて、ここまで安くて大丈夫かな?と僕も心配になりました。
しかし、実際は破格の良ゲーだったのです。

【ネタバレなし】「Bastion」のレビュー

破格の良ゲーとなれば、どんなゲーム内容なのか気になってきませんか?

ここでは、Bastionの特徴を5つにまとめて紹介しています。

  1. 作りこまれた世界観と美麗なグラフィック
  2. 武器・スキルが豊富で組み合わせは無限大!
  3. シンプルで奥深いアクションと高い難易度
  4. アイテムでさらに難易度を上げることができる
  5. 初心者モードもあるから安心

【1】作りこまれた世界観と美麗なグラフィック

作りこまれた世界観と美麗なグラフィック

画像を見てもらえばわかる通り、めっちゃ美麗なグラフィックです。
こんなステージを自由に動き回れるから、プレイしてるだけで楽しくなってきます。

そして、世界観もかなり作りこまれています。
プレイしてすぐ、いろんな伏線が張られていることがわかるはずです。

ストーリーのあらすじは、崩壊してしまった世界を修復する、という感じです。
詳しい内容はネタバレになるので避けますが、いろいろ考察しながらプレイしても面白いと思います。

【2】武器・スキルが豊富で組み合わせは無限大!

ストーリーを進めていくと、使える武器がどんどん増えていきます。
近接武器から中~遠距離武器まで、ひと通りそろっている感じです。

武器・スキルが豊富で組み合わせは無限大!

武器は2つセットできて、あと1つのスロットは奥義です。
使用する武器に応じて、好きな奥義を1つだけセットできます。

武器の種類によって、ステージごとに有利・不利の差がかなり大きくなります。
なので、いろんな武器を持ち替えながら進めるのがポイントですね。

奥義はかなり強力なので、ステージやボスに合わせて選ぶとさらに効果的です。

そして、使用する武器はどんどん強化することができます。

武器の強化

強化すればするほど使いやすくなるので、積極的に強化していきたいですね。

2列になっていて、それぞれ伸ばす能力が異なっています。
なので、あなたの好みに合わせて武器を強化することができます。

そしてさらに、ドリンクで主人公に能力を持たせることができます。

ドリンク

このドリンクは、いわゆるパッシブスキルのようなものです。
自分で発動しなくても、プレイ中はずっと有効になります。

ドリンクの組み合わせによって、ステージの進めやすさも変わってきます。
あなたのプレイスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

ここまで、武器・スキル・強化・ドリンクについて紹介しました。
この4つを組み合わせることで、プレイの幅も無限大に広がっていきます。

【3】シンプルで奥深いアクションと高めの難易度

シンプルで奥深いアクションと高めの難易度

Bastionのアクションは、基本的にはかなりシンプルです。

ジャンプはなく、アクションは移動・ローリングの2つだけです。
2つの武器と1つの奥義、そしてローリング、これだけでプレイできます。

ただ、見た目と違って難易度はすこし高めかもしれません。
何度もやられながら、攻略法を探していくタイプのゲームです。

それでも普通にクリアするだけなら、アクションが苦手じゃなければ大丈夫だと思います。
いろんな武器・スキル・強化・ドリンクがあるので、自由に組み合わせれば意外となんとかなります。

問題はやり込み要素。
Bastionを極めようと思ったら、地獄を覚悟する必要があります。

ここからは、やり込み要素と難易度について、詳しく見ていきましょう。

【4】アイテムで難易度を上げることができる

ここからが地獄の始まりです・・・。

Bastionでは、アイテムを装備することで自由に難易度を上げることができます。

アイテムで難易度を上げることができる

敵が強化されたり、自分の行動に制限をかけたりするアイテムです。
このアイテムを装備すれば、経験値が多くもらえる特典もあったりします。

だからといって、全部装備すると大変なことになりますけどね・・・。
一気に難易度が跳ね上がるので、そもそも経験値をもらう前にクリアが困難になります。

僕もなんとなく「いけるだろ~」くらいの気持ちでやってみたら、マジで地獄を見ました。

腕に覚えのある方は、ぜひ全部装備してプレイしてみてください。
本当にやりごたえがあると思いますよ。

【5】初心者モードもあるから安心

アクションが苦手な方にも配慮して、ちゃんと「初心者モード」も用意されてます。

初心者モード

初心者モードなら、何度もチャレンジすれば間違いなくクリアできます。

そこそこアクションに慣れていれば、通常モードでも大丈夫です。
僕も通常モードでちゃんとクリアできました。

ただ、プレイして難しすぎるなら、初心者モードで気軽にプレイしてみてはどうでしょうか?

ゲームをクリアすれば、「新規ゲームPlus」という、いわゆる「強くてニューゲーム」ができます。
なので、まずは一度クリアしてからやり込んでみるのもいいと思います。

【注意】BastionはPC・iOSどちらも英語!日本語化する方法とは?

注意点として、Bastionは、PC・iOSのどちらも英語版のみです。

アクションゲームとはいえ、作りこまれた世界観をしっかり味わいたいですよね。
そんなときは、パソコン版なら日本語化してプレイできます。

初心者の方は難しそうに感じるかもしれませんが、別記事でわかりやすく紹介しています。
すっごく簡単なので、興味があればやってみてはどうでしょうか?

もちろん、英語に抵抗がなければ、iOSでプレイするのもいいと思います。
この難易度のアクションゲーム、スマホでどんな操作感なのかちょっと気になります。

【まとめ】美麗グラフィック・作りこまれた世界観・高い難易度が魅力!

Bastionのグラフィックは本当に綺麗です。
プレイしていて、こんな綺麗なグラフィックで動き回るのかと感心しました。

アクションなのでストーリーはあまり期待してなかったのですが、実際は面白かったです。
序盤から終盤まで伏線が張られまくっているので、周回プレイで気づくことも多いです。

そして、自由自在にアレンジできるゲームの難易度。
これもうまく作られているなーと思いました。

難易度を上げたくなければ、アイテムを装備しなければいいだけです。
それでいて、難易度を上げれば経験値が多くもらえる特典があります。

バランスを取りながら、絶妙な難易度でプレイできるのがいいですね。

まとめると、1,520円とは思えないくらいの良ゲーです。
ここまでやり込めるなら、家庭用ゲーム機のフルプライスでも不思議ではありません。

Steamのセールなら、最安値はなんと228円。
缶ジュース2本の値段より安いって、さすがに破格すぎます。

僕はiOS版をやったことがないのですが、評価は上々のようです。

Bastion

  • App Store

こちらも610円とかなり安いので、買ってプレイする価値はあるのではないでしょうか?