【2020年版】Dead by Daylightが動作するスペックのゲーミングPC3選

Dead by DaylightにおすすめのBTOゲーミングPC【3選】

Dead by Daylightは、どのくらいのスペックで動作するのでしょうか?

結論からお伝えすると、Dead by Daylightの推奨スペックは低めです。
フレームレートの上限は62FPSなので、ミドルクラスのパソコンでも動作します。

どのくらいのスペックなら動くのか?おすすめBTOパソコンを3つ厳選しました。
迷わずパソコンを選べるし、どれも快適にゲームをプレイできますよ。

それぞれ特徴が異なるので、あなたの目的に合わせて比較してみましょう!

【1】Dead by Daylightには十分すぎる性能!(ベンチマーク:22657)

レベルインフィニティ ミドルタワー

  • CPU:Core i7-10700K
  • グラフィックス:GeForce RTX 2070 SUPER
  • メモリ:16GB DDR4
  • PCケース:ミドルタワー
  • ベンチマーク:22657(3D Mark Fire Strike)

Dead by Daylightを最高の環境でプレイするなら、RTX 2070 SUPERを採用したモデルがオススメです。
かなり余裕のあるスペックなので、最高画質・60FPSで快適に遊べます。

Dead by Daylightはもちろん、ちょっと重めの3Dゲームもサクサク動作します。
なので、いろんなゲームを楽しみたい方にも向いているでしょう。

ハイスペックなゲーミングPCは、それだけ対応できるゲームの幅も広いです。
常にベストな環境で、がっつりプレイしたい時にチェックしたいですね!

【LEVEL-R049-iX7K-RWXH】公式サイトはこちら

【2】フルHD高画質・60FPSを出せる!コスパ良好(ベンチマーク:16332)

レベルインフィニティ ミニタワー

  • CPU:Ryzen 5 3600
  • グラフィックス:GeForce GTX 1660 SUPER
  • メモリ:16GB DDR4
  • PCケース:ミニタワー
  • ベンチマーク:16332(3D Mark Fire Strike)

Dead by Daylightを快適にプレイするなら、このモデルがオススメです。
価格をグッと抑えつつ、必要なスペックをしっかりと備えています。

コストパフォーマンスを追求するなら、ベストといえるバランスです。
しっかり60FPSを出せるスペックなので、コスパも良好です

Dead by Daylight以外にも、推奨スペックが低めの3Dゲームならサクサク動作します。
ゲーミングPCとしては破格なので、迷ったらコレが一番良いと思います。

【LEVEL-M0B4-R53-RJS-DQX】公式サイトはこちら

【3】ノートPCでプレイするならコレ!(ベンチマーク:15186)

レベルインフィニティ ノートパソコン

  • CPU:Ryzen 5 3600
  • グラフィックス:GeForce GTX 1660 Ti
  • メモリ:16GB DDR4
  • PCケース:ノートパソコン
  • ベンチマーク:15186(3D Mark Fire Strike)

ゲーミングノートを探しているなら、このモデルがオススメです。
Dead by Daylightに必要なスペックを確保しつつ、価格も控えめです。

【2】とほぼ同じスペックでありながら、省スペース・持ち運びできるというメリットがあります。
メモリも16GB搭載しているので、ノートパソコンながらも快適に動作します。

ゲームはもちろん、普段使いでも優秀なスペックです。
ノートパソコンでDead by Daylightをプレイするなら、間違いのないモデルといえるでしょう!

【LEVEL-15FX069-R5-RXSVI】公式サイトはこちら

Dead by Daylightの公式推奨スペック

ここでは、Dead by Daylightの公式推奨スペックを紹介します。
60FPSのヌルヌルでプレイするなら、最低限このスペックは満たしておく必要があります。

ちなみに、公式が発表しているスペックはあくまでも参考として見ておいたほうが良いです。
ゲームによっては、推奨スペックを満たしているのにカクカクになることもあります。

Dead by Daylight システム要件

【Dead by Daylight】Steamはこちら

Dead by Daylightを購入できるPCゲーム販売サイト

Dead by Daylightは、Steamでダウンロード販売されています。
購入すれば、すぐにインストール・プレイ可能です。

Steamはかなり使いやすいサイトなので、PCゲーム初心者の方にもオススメです。
あまり慣れていなくても、簡単に購入できますよ。

【まとめ】Dead by Daylightの推奨スペックは他のゲームと比べて低い

Dead by Daylightの要求スペックは、他のゲームと比べても低くなっています。

なので、ミドルクラスくらいのゲーミングPCでもサクサク快適にプレイできます。
とはいえ、さすがに推奨スペックは満たしておく必要があります。

価格・性能のバランスを考えて選ぶなら、【2】LEVEL-R049-iX7K-RWXHがオススメです。

レベルインフィニティ ミニタワー

  • CPU:Ryzen 5 3600
  • グラフィックス:GeForce GTX 1660 SUPER
  • メモリ:16GB DDR4
  • PCケース:ミニタワー
  • ベンチマーク:16332(3D Mark Fire Strike)

価格をグッと抑えつつ、十分なゲーミング性能を備えています。
Dead by Daylight向きのゲーミングPCとしては、最適なバランスだといえます。

【LEVEL-M0B4-R53-RJS-DQX】公式サイトはこちら

【2】をベースに考えて、いろんな3Dゲームを遊べるパソコンなら【1】が良いでしょう。
できるだけ価格を抑えるなら、【3】がオススメです。

  1. フルHDの高画質で144FPSも可能 – LEVEL-R049-iX7K-RWXH
  2. フルHDの高画質で60FPS!コスパ良好 – LEVEL-M0B4-R53-RJS-DQX
  3. ノートPCでプレイするならコレ – LEVEL-15FX069-R5-RXSVI

【3】よりもスペックを落とすと、Dead by Daylightの動作がカクカクになってしまう可能性があります。
なので、できるだけスペックは落としすぎないようにしましょう。

あなたの予算・目的に合わせて、どのBTOパソコンが良いか選んでみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでくれてありがとう!
感想や気づき、質問があれば、気軽にコメントメッセージを送ってね。
誰かのお役に立ちそうな情報はブログ記事として紹介します!