エックスサーバーでWAFを無料で設定する3つの手順【セキュリティ強化】

ヨッチヨッチ

こんにちは!WordPressシステムマーケッターのヨッチです。
プロフィールを見る

エックスサーバーでは、無料で設定できるWAFがあるって知っていましたか?

WAFとは、「Webアプリケーションファイアーウォール」の略です。
XSSやSQLインジェクションなど、サイトへの不正アクセスを防止できる仕組みのことです。

有料のWAFもありますが、エックスサーバーはなんと無料で使えます。
セキュリティ強化は、今や必須といえるくらい大事な対策といえます。

この記事では、エックスサーバーで無料のWAFを設定する手順を3ステップで紹介します。
あなたの大事なサイトを守るために、今からWAFを設定しておきましょう!

【無料】エックスサーバーでWAFを設定する3つの手順

それでは、さっそくWAFを設定する手順を解説していきます。
といっても設定はすごく簡単で、ボタンをクリックするだけで有効化できます。

  1. サーバーパネルを開く
  2. WAF設定を開く
  3. 各種対策をONにして有効化する

この3ステップだけでOKです。
ここからは、画像付きで1つずつ手順をお伝えしていきます!

【1】サーバーパネルを開く

まずはエックスサーバーの公式サイトからサーバーパネルを開きましょう。

エックスサーバー

【エックスサーバー】公式サイトを見る

右上からサーバーパネルにログインします。
アカウント画面が開いたときは、「サーバー管理」をクリックするとサーバーパネルが開きます。

「サーバー管理」をクリック

下の画面がサーバーパネルです。

サーバーパネル

ここでエックスサーバーの各種設定ができます。

【2】WAF設定を開く

サーバーパネルの右下にある「WAF設定」をクリックして開きます。

「WAF設定」をクリック

ドメインが複数ある場合は、設定したいドメインを選択します。

設定したいドメインを選択

WAF設定画面が開きました。

WAF設定画面

【3】各種対策をONにして有効化する

有効化したい対策を選んで、「ON」に切り替えます。
今回はすべて有効化したいので、すべてONに変更しています。

変更したら「確認画面へ進む」をクリックしましょう。

有効化したい対策を選ぶ

確認画面が表示されるので、問題なければ「設定する」をクリックします。

確認画面

設定が有効化されました。
反映待ちとなっているので、最大で1時間ほど待つと設定が反映されます。

反映待ち

これでWAFの設定は完了です!

【まとめ】クリックするだけでセキュリティ強化できる!

WAFは、今では必須といえるくらい重要なセキュリティ強化です。
できるだけ導入したいところですが、本格的な対策にはコストがかかります。

エックスサーバーなら、無料で使えるWAF設定がデフォルトで用意されています。
誰でも簡単に設定できるので、試しに使ってみてはどうでしょうか?

エックスサーバー

【エックスサーバー】公式サイトを見る

もちろん、定期的なアップデートやバックアップは基本中の基本です。
更新・バックアップをやりながらWAFも活用すれば、より安全なサイト運用ができるでしょう!

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。