Steamのジェムとは?貯め方・使い方をわかりやすく紹介!

どもども!元ニートPCゲーマーのヨッチです。( miraiyotch

あなたも、Steamのジェムって聞いたことがあると思います。
ただ、ジェムの使い方がよくわからない人も多いのではないでしょうか?

ここでは、Steamのジェムとは何なのか?貯め方・使い方をわかりやすく紹介しています。

この記事を読めば、あなたにもジェムの仕組みをわかってもらえると思います。
仕組みがわかれば、ジェムの活用法までわかってくるはずです。

もっとSteamを便利に使いこなすために、まずは軽くチェックしておきませんか?

ジェムとは?

Steamのジェムとは、インベントリ内のアイテムのことです。
トレーディングカードなどのアイテムを、ジェムに変換することで入手できます。

インベントリの不要なアイテムを整理しつつ、ジェムを貯めることができるのが特徴です。

貯めたジェムは、ブースターパックと交換できます。
ブースターパックとは、トレーディングカードが3枚入ったパッケージです。

好きなゲームのブースターパックを作成できるので、トレカをもっと揃えやすくなるでしょう!

ジェムの貯め方について

ジェムの貯め方は、大きく分けると2つあります。

  1. アイテムを変換する
  2. マーケットで購入する

【1】アイテムを変換する

インベントリ内にあるアイテムの多くは、ジェムに変換することができます。
例えば、以下のようなアイテムを変換できます。

  • トレーディングカード
  • プロフィール背景
  • 絵文字

変換されるジェム数は、アイテムの種類によって変わります。

トレーディングカードは一番少なく、10~30ジェムくらいです。
ただし、キラカードはノーマルカードの10倍になります。

キラカードはノーマルカードの10倍!

プロフィール背景・絵文字は割と高めで、60~100ジェムくらいです。

【2】マーケットで購入する

もう1つは、マーケットで購入する方法です。
コミュニティマーケットでは、「袋詰のジェム」が販売されています。

袋詰のジェム

ここで購入することで、まとめて1,000ジェムを入手できます。
価格は、現時点で45円前後です。(2020年4月28日現在)

そこまで高くないので、いっそのこと買ってしまっても良いかもしれませんね!

ジェムの使い方について

ジェムの使い方も、大きく分けると2つあります。

  1. ブースターパックと交換する
  2. マーケットで販売する

【1】ブースターパックと交換する

集めたジェムは、ブースターパックと交換できます。
好きなゲームを選べるので、足りないトレカを補うことができます。

抽選で手に入れる

ゲームの種類によって必要なジェムの数は異なり、だいたい400~1,200ジェムくらいです。

ちなみに、ブースターパックでもらえる3枚のカードはすべてランダムです。
ダブりカードが増える可能性もあるので、念のため覚えておきましょう。

【2】マーケットで販売する

あなたが1,000ジェム集めれば、インベントリで「袋詰のジェム」を作ることができます。
作成した「袋詰のジェム」は、コミュニティマーケットで販売もできます。

マーケットで販売する

ちょっとしたお小遣い程度ですが、ジェムが余っていたら売ってしまうのも1つの方法でしょう。

【まとめ】ジェムを貯めてブースターパックを作成しよう!

ジェムの使い方をまとめると、こんな感じです。

ジェムを入手する
インベントリ内の不要なアイテムを変換する
「袋詰のジェム」をマーケットで購入する
ジェムを使う
ブースターパックと交換する
「袋詰のジェム」を作ってマーケットで販売する

インベントリのアイテムを変換、または購入することで、ジェムを貯めることができます。
貯めたジェムは、ブースターパックと交換したり、販売することができます。

ジェムをたくさん持っていれば、いざという時にブースターパックを作成できます。
トレーディングカード収集に便利なので、少しずつジェムを貯めておきませんか?