【Steamクラウド】セーブデータの同期タイミング・無効化する方法を紹介!

こんにちは、ヨッチ(@miraiyotch)です。

Steamクラウドでは、セーブデータを自動でバックアップできます。
あなたは、どのタイミングで同期するのか、どうやって同期を無効にするのか知っていますか?

ここでは、Steamクラウドでセーブデータが同期するタイミング、無効化する方法を紹介しています。
どちらも知っておくだけで、いざという時に便利な知識です。

これからもっとSteamを使いこなすために、サクッと知っておいてはどうでしょうか?

Steamクラウドの同期タイミングについて

Steamクラウドでは、ゲームの起動・終了のタイミングでセーブデータが同期されます。

ゲームを起動したときに同期、ゲームを終了したときにも同期、というタイミングです。
プレイ中には同期されないので、その点は覚えておきましょう。

セーブデータの同期は、すべて自動で行われます。
特に意識しなくても、バックアップが取れる仕組みになっています。

ただ、注意しておきたいのが、ゲームの強制終了といった予期しないエラーが起きたときです。
エラーが発生して終了した場合は、セーブデータが保存されていない可能性があります。

心配なときは、ゲームを再起動して正常に終了させておきましょう。

同期を無効化する方法

同じアカウントでセーブデータを共有したくない時には、同期を無効にすることもできます。
例えば、他のパソコンでセーブデータを別にしたい場合に無効化しておくと便利です。

無効化する方法は、ライブラリのゲーム上で右クリックしてから、「プロパティ」をクリックします。

確認したいゲーム上で右クリックして、「プロパティ」をクリック

表示された画面で「アップデート」タブを選択すると、「Steamクラウド」の項目があります。

「Steamクラウド」の設定項目がある!

この項目のチェックマークを外すことで、同期が停止します。

チェックマークを外すと、同期が無効になる

これで同期の無効化は完了です!
他のパソコンでSteamにログインしたとしても、セーブデータは共有されなくなります。

Steamクラウドで同期を再開するには、設定でもう一度チェックマークを入れなおせばOKです。

【まとめ】タイミング・無効化を知って同期をコントロールしよう!

ここまで、Steamクラウドの同期タイミング・無効化する方法を紹介してきました。

同期タイミングを知っておけば、バックアップ作成の仕組みがわかります。
もしゲームが強制終了したとしても、しっかり同期しなおすことができるでしょう。

無効化する方法を知っておけば、あなたの使い方に合わせて同期をコントロールできます。

必ず覚えておく必要はありませんが、覚えておくと問題が起きたときにも対処しやすくなります。
特にクラウド上のセーブデータを上書きしたい時には、同期のタイミングは重要でしょう。

いざという時のために、頭の片隅においてみてはどうでしょうか?