どもども!未来イノベーターのヨッチです。( miraiyotch

ブログで画像を編集するなら、便利なソフトを使いたいですよね!
そこで、この記事では僕が使ってみたおすすめ画像編集ソフトを7つ厳選して紹介しています。

太陽太陽

画像編集って、どれも似たような感じじゃないのー?

ヨッチヨッチ

実はそうでもないよ!
ソフトの種類によって、いろんなメリットがあるんだ。

ざっくりとしたカテゴリーとして、

  • すぐ使える簡単な画像編集ソフト3選
  • それなりに多機能な画像編集ソフト2選
  • 本格的で使いやすい画像編集ソフト2選

の3つにまとめました。

あなたの目的にあわせて、チェックしてみてくださいね!

【無料】すぐ使える簡単な画像編集ソフト3選

ヨッチヨッチ

手軽に使えるソフトを3つピックアップしたよ!
ちょっとした画像の加工くらいなら、無料でもすぐにできるね。

太陽太陽

ボクにも使えるかなー?(肉球むにむに)

【1】Fotor(すばやく手軽に画像編集できる)

Fotor

【Fotor】公式サイトはこちら

Fotorは、オンラインで使うことができる画像編集ツールです。

パソコン・スマホにインストールしなくてもいいので、いつでもすぐ使えるのが特徴です。
切り取りや回転など、ちょっとした加工をササッとやりたいときに便利なツールですね!

そのかわり、こまかい編集はあまり得意ではありません。
たとえばテキスト入力や写真の補正などは、Fotorでは面倒に感じてしまうかもしれません。

ほかに使いやすい画像編集ソフトを持っていれば、あえてFotorを使わなくても良いでしょう。

メリット
直感的に操作ができる
ソフトをインストールしなくても良い
デメリット
こまかい編集は苦手
機能を増やすには有料登録が必要

【2】Screenpresso(スクリーンショットの加工ができる)

Screenpresso

【Screenpresso】公式サイトはこちら

Screenpressoは、スクリーンショットをすばやく加工できる画像編集ソフトです。

動作の軽さ、加工のしやすさがバツグンで、すごく使いやすいソフトです。

ボタン1つでスクショを撮ったら、すぐに矢印や文字入力などの編集ができます。
ほかにも拡大鏡・ぼかし加工など、便利なツールがたくさん用意されています。

有料版もありますが、基本的な機能はすべて無料で使うことができます。
使ってみてすごく気に入ったときだけ、有料版を検討してみてはどうでしょうか?

メリット
動作が軽い
加工がしやすく、時間もかからない
デメリット
スクリーンショット以外には向いていない

【3】Canva(テンプレートで簡単に画像加工ができる)

Canva

【Canva】公式サイトはこちら

Canvaは、デザインが良い写真・画像加工ができるオンラインツールです。
会員登録が必須ですが、無料で使えるのが嬉しいところですね。

手間をかけることなく、かっこいい画像を作れるのが大きな特徴です。

いろんなテンプレートがあって、アイキャッチ・ポスター・名刺などにも使えます。

テンプレートから加工するのが基本なので、こまかい編集は苦手です。
また、テンプレートの数を増やすには課金が必要なので注意してくださいね。

メリット
テンプレートのデザインが良い
テンプレートから選ぶだけなので簡単
デメリット
会員登録が必須(無料)
テンプレートを増やすには課金が必要

【無料】それなりに多機能な画像編集ソフト2選

ヨッチヨッチ

いろんな機能があるソフトを2つピックアップしたよ!
お金がかからないのがポイントだね。

太陽太陽

ボクが使うのはちょっとむずかしいかもー。

【1】GIMP(写真・画像編集ソフト)

GIMP

【GIMP】公式サイトはこちら

GIMPは、とても有名な無料の画像編集ソフトです。
お金をかけないなら、それなりに多機能で使いやすいといえるでしょう。

ほかの無料ソフトと比較しても、写真加工の機能は充実しています。
そのかわりインターフェイスがすこし複雑で、覚えるまで時間がかかります。

Photoshopとはまた違った操作性なので、ちょっと独特な印象を受けました。

GIMP 操作画面

よくPhotoshopの代替として紹介されていますが、残念ながらGIMPのほうがずっと劣っています。
さすがに年額20,160円(継続課金)のソフトと比べるのは無理がありますね。

それでも無料ということを考えれば、機能的にはかなり優秀なほうです。

メリット
無料ソフトのなかでは多機能
インターフェイスがちょっと使いにくい
有料ソフトと比べるとかなり劣る

【2】Inkscape(イラスト・ベクター編集ソフト)

Inkscape

【Inkscape】公式サイトはこちら

Inkscapeは、GIMPとならんで有名な無料のイラストソフトです。
ベクターデータ(パス)を扱うのが得意なので、GIMPの足りない要素を補うことができます。

ベクターデータの特徴は、拡大・縮小してもイラストがまったく劣化しないところです。
アイコンやイラストによく使われているので、フリー素材でよく見かける形式です。

ブログ画像を編集するなら、ぜひ使いたいソフトといえるでしょう。

Inkscape 操作画面

Illustratorの代替として有名ですが、やはり無料のInkscapeは機能が劣っています。
年額20,160円(継続課金)と無料のソフトであれば、仕方ないところではありますよね。

とはいえ、無料でベクターデータを扱えるのは大きなメリットといえます。

メリット
無料でベクターデータを編集できる
インターフェイスがちょっと使いにくい
有料ソフトと比べるとかなり劣る

【有料】本格的で使いやすい画像編集ソフト2選

ヨッチヨッチ

コスパが良くて使いやすいソフトを2つピックアップしたよ!
お金を投資すれば、あきらかに作業の効率があがるよ。

太陽太陽

おにーたんが今使ってるのもこれだよね。

【1】Affinity Photo(写真・画像編集ソフト)

Affinity Photo

【Affinity Photo】公式サイトはこちら

Affinity Photoは、わりと最近になって有名になってきた画像編集ソフトです。
そのコストパフォーマンスの良さから、どんどんユーザー数を伸ばしています。

実際に僕も購入して使っていますが、もうこれだけでいいやってくらい素晴らしいソフトです。
このブログの画像も、すべてAffinityシリーズで加工しています。

Photoshopの代替として十分に機能していて、個人で使うならまったく不満がありません。
GIMPよりずっと使いやすいと僕は感じています。

Affinity Photo 操作画面

そして、なんといっても料金がめちゃくちゃ安い。
買い切り型のソフトでありながら、たった6,000円です。

Photoshopが継続課金ということを考えると、そのコスパの良さをわかってもらえるかと思います。

体感としてのソフトごとの機能の差はこんな感じです。
「Photoshop」>「Affinity Photo」>>>>「GIMP」

無料でGIMPを使うなら、Affinity Photoに1回だけ6,000円を投資したほうがいいです。
というか、僕がそうでした。

さらに、年に1~2回ほど20%オフセールをやっていて、そのときはなんと4,800円です。
5,000円を切っているなら、迷わず「買い」の画像編集ソフトですね。

といっても、6,000円でも十分すぎるくらい元は取れます。
すぐに使いたいときは、ぱぱっと購入したほうが効率的です。

【2】Affinity Designer(イラスト・ベクター編集ソフト)

Affinity Designer

【Affinity Designer】公式サイトはこちら

Affinity Designerは、Affinityシリーズのベクターデータ版ソフトですね。
こちらもコストパフォーマンスがバツグンで、めっちゃ使いやすいです。

僕はAffinity Photo・Designerを両方とも同時に購入しました。

料金は、Affinity Photoと同じく買い切り型の6,000円です。
年に1~2回のセール中だと、4,800円。

あいかわらず安すぎるくらいの料金設定ですね。

すでにだいぶ語ってきたのでわかってもらえると思いますが、Affinity Designerも素晴らしい完成度です。
Illustratorの代替として使っていますが、個人利用ならまったく問題ありません。

Affinity Designer 操作画面

体感としてのソフトごとの機能の差はこんな感じです。
「Illustrator」>「Affinity Designer」>>>>「Inkscape」

Inkscapeをずっと使い続けるよりも、6,000円を投資してAffinity Designerを使うのがおすすめです。
1回きりの投資なので、長く使うほど元は取れます。

【まとめ】一番おすすめなのはAffinityシリーズ

もしあなたが長く使える画像編集ソフトを探しているなら、Affinityシリーズをおすすめします。

Affinity Photo 操作画面

僕がAffinityシリーズを重宝しているのは、もうすでにわかってもらえたと思います。
そのくらいコストパフォーマンスが素晴らしく、機能もバッチリそろっていて使いやすいです。

Affinityシリーズを使うまえは、かなり古いPhotoshop・Illustratorをずっと使っていました。

いい加減に買い替えたいけど最新のAdobeシリーズは高い・・・。
そんなときに見つけたのがAffinityシリーズです。

Affinity Designer 操作画面

6,000円なら失敗してもいいかと思って購入しましたが、結果的に大成功でした。
アップデートも無料なので、本当にもうこれだけでいいです。

ヨッチヨッチ

脱Adobe、できました。

太陽太陽

おにーたん、かなり感動してたよね。

そこまで本格的な編集をしないなら、無料ソフトでも十分だと思います。

ただ、GIMPやInkscapeを我慢して使うなら、お試し感覚でAffinityシリーズを買ってみてはどうでしょうか?
ブログの画像編集くらいなら、余裕で対応してくれるソフトですよ。