【Affinity Photo】編集した画像を一括エクスポートする方法

ヨッチヨッチ

こんにちは。WordPressシステムマーケッターのヨッチです。
ストーリーを見る

Affinity Photoで画像を編集していると、ファイルがどんどん増えていきますよね。

「.afphoto」は、画像として使うためにエクスポートが必要です。
とはいえ、手動で1つずつ変換するのってちょっと手間がかかりませんか?

そこで活用したいのが、画像を一括エクスポートする機能です。
すごく簡単な操作で、「.afphoto」をまとめて画像ファイルに変換できますよ。

作業スピードがグッと速くなるので、サクッと気軽に試してみませんか?

【Affinity Photo】編集した画像を一括エクスポートする方法

Affinity Photoで画像を一括エクスポートする流れは、ざっくりこんな感じです。

  1. 「ファイル」→「新規一括ジョブ」をクリック
  2. 一括エクスポートしたい画像を追加する
  3. 変換したい形式を選んでエクスポートする

「一括ジョブ」という機能を使って、「.afphoto」ファイルからまとめてエクスポートできます。
ここからは、詳しい手順を1つずつ説明していきますね。

【1】「ファイル」→「新規一括ジョブ」をクリック

まず「Affinity Photo」を起動してから、「ファイル」→「新規一括ジョブ」をクリックします。

「ファイル」→「新規一括ジョブ」をクリック

新規一括ジョブの画面が表示されるので、エクスポートしたい画像を追加していきましょう。

【2】一括エクスポートしたい画像を追加する

画像を追加するには、新規一括ジョブの画面で「追加」をクリックします。

「追加」をクリック

「.afphoto」が表示されるので、変換したい画像をまとめて選択しましょう。

変換したい画像をまとめて選択する

新規一括ジョブの画面に、選択したファイルが「ソース」として表示されます。

選択したファイルが「ソース」として表示される

【3】変換したい形式を選んでエクスポートする

次に、変換したい形式を選択します。

変換したい形式を選ぶ

ここではJPEGだけを選択していますが、複数選択も可能です。

また、出力先を変更したり、マクロを適用することもできます。
マクロを適用するには、あらかじめマクロを作成・保存しておく必要があります。

すべての設定が完了したら、右下の「OK」をクリックしましょう。

「OK」をクリック

指定した保存先に、画像がまとめてエクスポートされました。

画像がまとめてエクスポートされた

「.afphoto」ファイルはそのまま残るので、バックアップとして保存しておくと良いでしょう。

画像の枚数が多くても、ほとんど時間をかけずにエクスポート可能です。
実際にやってみると、あまりの速さにビックリすると思います。

僕のブログでは、手順を説明するときに複数の画像を使うことが多くなります。
そんなとき、一括ジョブはすごく重宝する機能です。

【まとめ】一括ジョブで作業スピードがさらに向上する

ここまで、Affinity Photoで一括エクスポートする方法を紹介してきました。

この機能を使わないと、画像を1枚ずつ手動でエクスポートすることになります。
1~2枚なら良いのですが、10枚を超えてくると手動だとかなり効率が悪いです。

手動・自動のどちらにしても、エクスポートされるファイルは同じですからね。
であれば、ソフトの機能を使って自動化したほうがずっと効率的です。

自動化を使いこなせば、あなたの貴重な時間をさらに有効活用できると思います。
もし今まで手動でエクスポートしていたなら、一括エクスポートを試してみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。