【初心者向け】高機能な画像編集ソフト「Affinity Photo」の使い方

ヨッチヨッチ

こんにちは!WordPressシステムマーケッターのヨッチです。
プロフィールを見る

あなたは「Affinity Photo」という画像編集ソフトを知っていますか?
まるでPhotoshopのような感覚で使える、高機能な有料ソフトです。

有料といっても、その価格はなんと買い切りで6,100円。
圧倒的なコストパフォーマンスを誇ります。

そんな「Affinity Photo」について、この記事では初心者向けに使い方を解説します。
基本中の基本からお伝えするので、安心して読んでみてくださいね。

「Affinity Photo」とは?

Affinity Photo

【Affinity Photo】公式サイトを見る

「Affinity Photo」とは、写真・イラストなどの画像編集ができる有料ソフトです。
とても高機能かつ低価格なので、僕もがっつり使い倒しています。

Photoshopと比べても、ほとんど似たような感覚で使えます。

僕は、過去に買い切り型のAdobeソフトを使っていました。
しかし月額課金になってからは、コストの負担が大きく導入していません。

とはいえ、時代的に新しい編集ソフトは必要です。
そこで有力な候補となったのが、Affinity Photoでした。

そして実際に使いやすかったので、こうして紹介に至ったというわけです。

「Affinity Photo」でできること

Affinity Photoは、Photoshopとかなり機能的が似ています。
ちょっとした加工はもちろん、強力なエフェクトでハイクオリティな画像も作れます。

Affinity Photo

できることを大まかにまとめると、こんな感じです。

画像編集
サイズ変更
トリミング
回転
その他
画像加工
フィルター
カラー調整
変形
その他
図形・文字の入力
サイズ変更
カラー変更
エフェクト追加
その他

とにかくできることが多いです。
それでいて使いやすく、レイヤーによる編集やマクロにも対応しています。

初心者にも上級者にも、かなりおすすめのソフトです。

「Affinity Photo」の使い方

Affinity Photoの使い方を、初心者向けにわかりやすくお伝えしますね。

まずは「ファイル」→「新規」をクリックして、空白のドキュメントを開きます。

「ファイル」→「新規」をクリック

もしくは、フォルダから画像をドラッグ&ドロップして開くこともできます。
僕はドラッグ&ドロップが直感的で好みです。

フォルダから画像をドラッグ&ドロップ

画像を開いたら、各種ツールを使って編集していきます。

各種ツールについて

よく使うツールは左側のバーに表示されています。

左側のバーにツールがある

「選択」「ブラシ」「テキスト」など、基本となるツールが並んでいます。

より高度な機能などは、上部のメニューにまとめられています。

上部メニュー

フィルターやドキュメントサイズなどは、上部のメニューから編集できます。

ツールの機能はたくさんあるので、あなたの作りたい画像に合わせて選択しましょう。

非常に多機能なので、すべて習得しようとするのは効率が良くありません。
必要に応じて、適切なツールを使い分けることが大事です。

レイヤーについて

レイヤーとは、画像や素材の「階層」のことです。
上のレイヤーが優先して表示されて、下のレイヤーは上書きされます。

レイヤーについて

たとえば、背景画像を一番下にして、その上に文字やアイコンのレイヤーを追加します。
あらゆる素材がレイヤーとして扱われていて、画像・文字だけでなくフィルターもレイヤー化されます。

レイヤーとして追加することで、下のレイヤーだけにフィルター効果を適用することも可能です。

レイヤーは、あとから非表示にしたり削除することもできます。
なので、修正したいときも柔軟に対応できるのが特徴です。

レイヤーが非表示になっている

「履歴」機能を使いこなすと便利

「Affinity Photo」には、編集した履歴を残しておく機能があります。
元の状態に戻したいときは、履歴をまとめてチェックするとわかりやすいです。

「履歴」機能

「履歴」タブが表示されていないときは、上部メニューから表示できます。
「表示」→「スタジオ」→「履歴」にチェックを入れればOKです。

その他のタブも、「表示」→「スタジオ」から選択できます。

ちなみに、画像を一度閉じると履歴はすべて消えてしまいます。
保存して開き直したときも履歴は消えるので、よく注意しておきましょう。

【まとめ】まるで「Photoshop」のような画像編集ソフト

Affinity Photoは、まるでPhotoshopのような感覚で使える画像編集ソフトです。
それでいて、買い切り6,100円は破格だと思います。

また、タイミングによってはセールも開催されています。
30~50%オフになっていることもあるので、狙ってみるのも良いでしょう。

Affinity Photo

【Affinity Photo】公式サイトを見る

とはいえ買い切り型なので、使いたいときはすぐに買ったほうがメリットは大きいと思います。
作業効率をアップできると考えたら、良い投資となるはずです。

無料試用版も用意されているので、試しに使ってみてはどうでしょうか?

ヨッチヨッチ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こうしてブログでお会いできたご縁に感謝しています。