Steamクラウドとは?使い方・対応ゲームを確認する方法を紹介!

どもども!PCゲーム情報ブロガーのヨッチです。( miraiyotch

あなたは「Steam クラウド」を知っていますか?
そこまで意識したことはないかもしれませんが、実はすごく便利な機能なんです!

この記事では、Steamクラウドとは?使い方・対応ゲームを確認する方法を紹介しています。

まずはSteamクラウドの基本を覚えて、どんな機能なのかチェックしてみませんか?

Steamクラウドとは?

Steamクラウドとは、ゲームのセーブデータをクラウド上にバックアップする機能のことです。

簡単に説明すれば、セーブデータの自動バックアップ機能ですね。
しかもクラウド上に保存されるので、あなたのパソコンが壊れてしまったとしても復元できます。

縁の下の力持ちのような機能なので、覚えておいて決して損はありません。
こんな機能があるとわかっていれば、いつも安心してゲームをプレイできますよね!

Steamクラウドの使い方

Steamクラウドに対応しているゲームでは、デフォルトで機能が有効になっています。
なので、特に意識せずそのままゲームをプレイしてOKです。

Steamクラウドが有効になっていれば、セーブデータは自動でクラウド上にバックアップされます。

バックアップが使えるのは、例えば以下のようなパターンです。

  • ゲームをアンインストール後、再インストールしてプレイするとき
  • ほかのパソコンにSteamクライアントを移行したとき
  • パソコンが壊れて、データが全部消えてしまったとき

上のようなことが起きたとしても、Steamクラウドがあれば大丈夫です。
ゲームを再インストールしたときに、セーブデータも自動的に復元してくれます。

Steamクラウドの良いところは、意識しなくても自動でバックアップ・復元してくれるところです。
ゲームを起動・終了するだけでバックアップされるし、再インストールするだけで復元されます。

特別な操作をしなくても、すべてSteamクライアントにおまかせでOKです。

Steamクラウドに対応しているか確認する2つの方法

Steamクラウドに対応しているゲームを確認する方法は、2つあります。

  1. ストアページで確認する(ゲーム購入前)
  2. 設定画面から確認する(ゲーム購入後)

ゲームの購入前は、1つ目の方法で確認できます。
購入した後は、どちらの方法でもOKです。

【1】ストアページで確認する(ゲーム購入前)

ゲームを購入する前は、ストアページからSteamクラウド対応か確認できます。
ストアページの右側にあるメニューで、対応している機能一覧をチェックしてみましょう。

Steamクラウドに対応していれば、メニューに「Steamクラウド」と表示されています。

ストアページ右側のメニューに「Steamクラウド」と表示されている

【2】設定画面から確認する(ゲーム購入後)

ゲームを購入した後は、設定項目から対応しているかチェックすることもできます。

確認方法は、ライブラリのゲーム上で右クリックしてから、「プロパティ」をクリックします。

確認したいゲーム上で右クリックして、「プロパティ」をクリック

表示された画面で「アップデート」タブを選択して、「Steamクラウド」の項目をチェックします。

「Steamクラウド」の設定項目がある!

「Steamクラウド」の設定項目があれば、そのゲームは対応しています。
もし設定項目がなければ、対応していないということです。

ちなみに、Steamクラウド対応の場合は、デフォルトでチェックが入って有効になっています。
特に理由がなければ、チェックは入れたままにしておきましょう。

【まとめ】セーブデータを自動でバックアップできる!

ここまで紹介してきたとおり、Steamクラウドはすっごく便利なバックアップ機能です。
できるなら、すべてのゲームで使いたいですよね。

最近のゲームなら、ほとんど全てSteamクラウドに対応しています。
なので、非対応のゲームを探す方が大変かもしれません。

それくらいSteamでは当たり前の機能で、みんなが快適に使っています。
デフォルトで有効なので、知らずに使っている人も実は多いのではないでしょうか?

「縁の下の力持ち」が、あなたのセーブデータを守っているということですね。

とにかくラクで、いざという時に便利なのがSteamクラウドです。
この機会に、あなたのゲームもSteamクラウド対応かチェックしてみてはどうでしょうか?